「アベノマスクが追加で8,000万枚配布」という衝撃的な見出しが出ていたわけです。どういうことなんですかね。もちろんこの報道は一部ミスリードであって、すでに発注が終わっている分の残り8,000万枚が介護施設や障害者施設に配られるというだけの話なんですが、まあ、これだけ見れば「馬鹿なのかな?」とは思いますよね。

感染者拡大とともにズッコケる「Go Toトラベル」

 また、政策という点では同じく酷評される「Go Toトラベル」も、明らかに7月の4連休前にどうにか前倒しで強行しようとして感染者拡大とともにズッコケるという問題を引き起こしております。突然官房長官の菅義偉さんが「ワーケーション」とか言い始めて、それって旅行して金を使え、使ったうえで旅行先で働け、というダブルの意味で苦行であることに気づいてないんじゃないかと思うんですよね。旅行先で働いたって全然楽しくないだろ。

 確かに観光業単体で言えば、世界的な観光地にまで成長したはずの日本のフラッグシップ京都では外国人観光客が2020年5月の速報で前年同月比99.9%減少。インバウンドどころではありません。日本全国で言えば、観光庁が発表した国内旅行も前年同月比96%減少と、これはまあ壊滅っていうレベルじゃねえぞというぐらい大変なことになっているわけですよ。


©iStock.com

京都市観光協会データ月報(2020年5月) 
https://www.kyokanko.or.jp/report/hotel202005

主要旅行業者の旅行取扱状況速報(2020年5月)
https://www.mlit.go.jp/kankocho/content/001356227.pdf

困るのは国民ですからね

 苦境に陥った「観光立国」日本の問題を解決するためにも、何とかGo Toキャンペーンを成功させたかったのでしょうが、立ちはだかるのは小池百合子都知事、もとい、コロナ感染者数の急増です。心配された第二波が心配された通りやってきてしまい、政府がどうにか日本経済を原状復帰させようと頑張ろうとするも空回りに終わってしまいそうです。

 政府が対策失敗して、みんなで馬鹿にするのは仕方ないんですが、困るのは国民ですからね。