安倍晋三首相は28日、記者会見し、辞任する意向を明らかにした。持病である潰瘍性大腸炎が再発したことを説明、「国民の負託に自信をもって応えられる状態でなくなった以上、総理大臣の地位にあり続けるべきではないと判断した。総理大臣の職を辞することといたします」と述べた。

 文春オンラインでは6月に「次期首相になってほしいのは誰ですか?」読者アンケートを行っていた。安倍首相の辞任を受けて、その結果を再公開する。

◆◆◆

 コロナ危機で、脚光を浴びたのが首長たちだ。2月に独自の緊急事態宣言を出して、存在感を示した鈴木直道・北海道知事(39)。自粛をめぐり、国と渡り合った小池百合子・東京都知事(67)。そして出口戦略「大阪モデル」を出した吉村洋文・大阪府知事(45)など、各知事のリーダーシップに注目が集まった。


左から北海道知事・鈴木直道、東京都知事・小池百合子、大阪府知事・吉村洋文 ©AFLO/時事通信社

 自民党では、新型コロナ対策担当相として最前線に立ち続ける西村康稔経済再生担当相(57)が知名度アップ。他に「ポスト安倍」として報じられるのは、政権批判を先鋭化させる石破茂元幹事長(63)、禅譲路線といわれる岸田文雄政調会長(62)、ブルーインパルス都心飛行を指示した河野太郎防衛相(57)、第1子が誕生で育休を取得した小泉進次郎環境相(39)、経済誌で「人生相談」連載を始めた菅義偉官房長官(71)もクローズアップされる。

 そこで『文春オンライン』では、緊急アンケート「次期首相になってほしいのは誰ですか?」(選択肢は下記)を実施。4日間(6月2日〜5日)で投票総数は1018票、10代〜90代の幅広い世代の男女から回答が集まった。その結果を発表する。

―― 次期首相になって欲しいのは誰ですか?

・安倍晋三(4選)
・石破茂
・加藤勝信
・岸田文雄
・小泉進次郎
・河野太郎
・西村康稔
・菅義偉  

・小池百合子(東京都知事)
・鈴木直道(北海道知事)
・吉村洋文(大阪府知事)
・その他