4月1日、天皇皇后両陛下を補佐する側近トップの侍従長に別所浩郎(こうろう)氏(68)が就任した。中学時代の同級生が、重職に就くかつての級友を懐かしそうに語る。

「優秀だけど、それを鼻にかけたりしない、飄々とした男でした。灘高校から東大文Ⅰにトップで合格したらしいと当時話題になっていた。将来は外交官になりたいとその頃から言っていました」


河相周夫上皇侍従長とは外務省同期 ©共同通信社

 東大法学部卒業後の1975年、外務省に入省。外務審議官、韓国大使、国連大使などを歴任した。

「小泉内閣では総理秘書官を務めました。省内でも名の知れた頭脳明晰な人物で、醜聞や女性問題とも無縁。秘書官時代のあだ名は“ブリキのパンツを穿く男”でした」(政治部デスク)

 兵庫県神戸市の出身。小中学校時代をニュージーランドで過ごした。

「父親は三井物産の社員。中2の時に帰国して、あっさり灘高に合格しましたが、勉強漬けだった印象は全然ない。同じ校区には作家の中島らも(故人)がいて高校から同級生だったはず」

 こう語る前出の同級生が、秘話を続ける。

「歴史が好きでね。特に関心を寄せていたのが飛鳥時代。中学の時、友達3人で奈良へ旅行に行き、飛鳥や奈良文化ゆかりの場所を訪ね歩いたことがある。薬師寺や唐招提寺、蘇我入鹿の首塚とかね。その時、壬申の乱について熱心に語っていたのを覚えています」