デジタル庁事務方ナンバー2の赤石浩一デジタル審議官が、NTTから3回にわたって高額接待を受け、うち2回は平井卓也デジタル相(63)が同席していた問題。NTTとの会食について、平井氏はこれまで「割り勘として問題のないようにきっちり払った」と説明してきたが、この間の経緯を検証すると、平井氏が“隠蔽工作”を行っていた疑いがあることが「週刊文春」の取材でわかった。

 平井氏は9月28日の記者会見で、支払い前に会食に関する「週刊文春」からの取材が来ていたことを認め、「NTTに確認して(6月)21日に請求を受けて、3人分、計22万円を支払った」などと経緯を説明。一方で、「社員食堂のようなレストラン。請求書が来ないと払えるようなものではない」などと述べた。


平井卓也デジタル相 ©共同通信社

 NTTの澤田純社長から、平井氏、赤石氏(当時は内閣官房イノベーション総括官。今年4月から内閣府科学技術・イノベーション推進事務局長、9月から現職)、向井治紀デジタル庁参与(当時は内閣官房IT総合戦略室室長代理)が、NTTグループの会員制レストラン「KNOX」で接待を受けていたのは、昨年10月2日、12月4日のことだった。

「週刊文春」は6月14日、平井氏がNTTから接待を受けていた事実について、平井氏ならびにNTTに確認を求める質問状を送付した。平井氏は、「政治活動の一環として、多くの方と会食を通じて情報収集や意見交換を行っており、また、個別の事案一つ一つにお答えするのは控えさせていただきます」などと回答。NTTも「個別の会食についてのお答えは差し控えさせていただきます」などと回答していた。

さらに、「週刊文春」は、この会食に赤石氏や向井氏が同席していた事実を把握。国家公務員倫理規程は、利害関係者との1万円を超える会食は、届け出を義務付けてきた。仮に利害関係者以外でも、社会通念上相当と認められる程度を超えて接待を受けることを禁じている。

 そこで6月21日、赤石氏がNTTの接待に同席していた事実について当時赤石氏が所属していた内閣府に、向井氏が同席していた事実について内閣官房に、改めて確認を求める質問状を送付した。だが、内閣府、内閣官房、いずれからも期日までに回答はなかった。

 ところが、「週刊文春」が6月24日発売号で、平井氏や向井氏がNTTから接待を受けていた事実を報じると、平井氏は記者会見でこう述べたのだ。

「私の費用負担ですね。私と同席していた事務方の分をきっちりと支払っております。これは先方からの請求どおり、割り勘として問題のないようにきっちり払った」

 しかし――。