〈 「木原事件」警視庁大塚署が遺族の告訴状受理 “実名告発”の元刑事・佐藤誠氏が「取り調べをしていない人は何人もいる」《安田種雄さん遺族が失った“権利”も》 〉から続く

 10月25日に警視庁に正式に受理されていた、木原事件の捜査再開を求める遺族の刑事告訴。これを受けて、11月16日、警視庁捜査一課の刑事が遺族の聴取を行っていたことが「 週刊文春 」の取材で分かった。

 2006年4月に、木原誠二前官房副長官(53)の妻X子さんの元夫・安田種雄さん(享年28)が怪死した事件。2018年に始まった再捜査も、なぜか1年足らずでストップしていた。事件をめぐっては、今年7月に露木康浩警察庁長官が「事件性はない」と発言、8月に警視庁の特命捜査第一係長が遺族と面談した際にも「18年に捜査を尽くしたが、事件性は認められない」という説明に終始した経緯がある。


副長官を退任しても岸田首相と面会を重ねる木原氏 ©時事通信社

 今回、警視庁管内の警察署で実施された聴取に参加したのは、種雄さんの両親と次姉の3名。遺族は、捜査一課のA刑事から、告訴状に記載された事実関係などについて詳しく尋ねられた。A刑事は、X子さんの取調べを担当した佐藤誠氏についても質問を重ねたという。

「私たちにできる協力は何でもするつもりです。A刑事には『私たちも犯人も年を取り、時間がない。最後まで責任をもって捜査をお願いしたい』と伝えました」(次姉)

 11月21日(火)12時に配信される「 週刊文春 電子版 」ならびに22日(水)発売の「週刊文春」では、A刑事が遺族に尋ねた佐藤氏に関する質問や遺族の反応、佐藤氏が分析する警察の狙いなどについて詳報している。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2023年11月30日号)