池上彰さんの新連載「WEB 悪魔の辞典」では、政治や時事問題に関する用語を池上さん流の鋭い風刺を交えて解説します!

【ツイッター・ついったー】

 政治家が国民に直接メッセージを送る道具。政治家の語彙のなさも同時に知らせる。

【池上さんの解説】

 かつて佐藤栄作首相は新聞が批判的に書くことに腹を立て、退任に当たっての記者会見で「ぼくは国民に直接話をしたいんだ」「偏向的な新聞が大嫌いなんだ。帰ってください」と発言。怒った新聞記者たちが記者会見場から出ていき、佐藤首相はひとりでテレビカメラに向かってしゃべるということがあった。当時、政治家の発言を国民に直接届けるにはテレビしかなかったけれど、十分なものではありませんでした。

 しかし、いまなら自分の発言を誰にも邪魔されることなくツイッターで発言し放題でしょう。


アメリカのトランプ大統領 ©JMPA

 アメリカのトランプ大統領のツイッターは、その典型例です。英語のレベルは小学生レベルですから、わかりやすさ抜群。

 とはいえ、語彙力がなく、表現力に欠けていれば、自分の教養のなさも白日の下にさらされます。バカな発言や行動も一目瞭然。ツイッターは「バカ発見器」とも呼ばれる所以です。

(池上 彰)