はじめまして! イーグルスファン歴8年、袴田彩会と申します。

 宮城県の東北放送で5年間アナウンサーをしていました。

 イーグルスが初の日本一になった2013年に入社し、あの感動を直に感じプロ野球の魅力にどっぷりハマった私。日本シリーズ第7戦、田中将大投手が登場した時の「あと1つ」の大合唱。

 あの感動、鳥肌、今でも鮮明に覚えています。あれれ、思い出すだけで涙が……。

 東北放送に入社以降、中継のベンチリポーター、ヒーローインタビューを担当させていただいたのですが、なんと! ヒーローインタビューを担当した日は、イーグルスが全勝したということがあり、「勝利の女神」という称号を授かっておりました。(袴田注:そんなものは本当はありませんが……)

 はじめてのインタビューはペゲーロ選手。今シーズン、ジャイアンツに移籍した高梨投手の初お立ち台や、ブラックユニフォームを着た聖澤選手のサヨナラタイムリーの試合も担当しました。あぁ、懐かしや。


©袴田彩会

「里崎チャンネル見てますよ」と声をかけてくれた岸投手

 そんな感傷はさておき、最近は元千葉ロッテマリーンズ・里崎智也さんのYouTubeチャンネル『Satozaki Channel』で、アシスタントをしています。コメント欄では、「イーグルスの話題の時だけやたら喋る」と、時々叩かれているのですが……あんまり気にしないようにしています(笑)。

 自己紹介が長くなってしまいましたが、先日、イーグルス関連の司会のお仕事がありました。選手も出席するイベントだったのですが、本番前、「里崎チャンネル見てますよ」と声をかけてくださった選手がいたのです。

 それは、岸孝之投手。

岸「袴田さん、お久しぶりです! 里崎チャンネル見てますよ!」

袴田「え、え、あ、ありがとうございます!(パニック)」

岸「なんなら今日も見てましたよ」

袴田「え、何の動画見たんですか!?」

岸「FAの会見で泣く人理解できないっていう動画」

袴田「え、え、あ、……(パニック)」

 この後の記憶は、あまりに慌てすぎてありません。

 そもそも、私がイーグルスを取材していた期間は、岸選手とは1年しか重なっていなくて、個人的にお話ししたこともありませんでした、そもそも存在を認識してくださってたことがとても嬉しかったのです!

 と、一瞬舞い上がったのもつかの間……ああ……あのFAの動画見たのか!という動揺。

 この動画は、里崎氏が持ち前の切れ味で、FA宣言の会見で泣いた選手をぶった切る動画なのです。岸選手といえばFAでイーグルスに入団した選手。

 その後すぐ岸選手のFA会見を調べましたが、岸選手は泣いていなかったのでほっと一安心しました。

 とはいえ、「お久しぶり」と言う言葉。

 私が仙台にいる時から認識してくださってたことがとても嬉しく……よく男は単純と言いますが、女も単純です。この出来事をきっかけに推し度が100倍になったのですが……これにはオチがあるので後ほど紹介します(笑)。その前に岸投手の魅力を語らせてください!