ユニフォームをよく見るとRoswellの「o」の文字がエイリアンの顔に変わっている。未確認飛行物体(UFO)が墜落し、それを米軍が回収したとされる真偽不明な1947年7月の事件は、ニューメキシコ州のその土地の名前から「ロズウェル事件」として今も語り継がれている。

 その地を拠点に活動するアメリカ独立リーグのチームはその名もロズウェル・インベーダーズ(侵略者たち)。そこに中村太一という1人の日本人選手がいる。どんな野球ファンでもその名を知る人は皆無に近いだろう。

 高校・大学ともに控えで、身長165cmと日本でも小柄な23歳の青年は、それでも「メジャーリーガーになります」と迷いなく言い切る。


ロズウェル・インベーダーズの中村太一 ©高木遊

不完全燃焼の国内時代

 東京都東久留米市に生まれ、たまたま入った学童野球チーム・クラウンは地元の強豪。人口約11.7万人の大きくはない市だが、市大会では無敵だった。中学はその仲間たちとクラブチームのケープシニア(軟式)に進んで、そこでは都8強に。監督同士の繋がりで山梨の帝京三高に進学した。

 投手として入学したが中学時代から制球に難があり内野手に。打ち方も左打ちになった。だが最後の夏は背番号12。三塁手のポジションを水上由伸(現西武)に奪われ、チームも山梨大会8強で終わった。

「めちゃくちゃ不完全燃焼でした。僕も当時は今よりも更に自分の考えが幼かったので、早く自分のために次の準備をしたかったくらいでした」

 続いて進学した明星大でも大学2年までベンチ外。公式戦は新人戦で代打のみだった。燻ってはいたが、プロ野球選手になる夢は諦めず自主練習に黙々と取り組む中で、その練習仲間と知り合いで既にアメリカの独立リーグで長く挑戦を続けていた安田裕希と出会う。また、その3人で食事をした際に安田から前回記事でも取り上げた現ガルフコーストリーグ・ツインズ(MLBツインズ傘下のルーキーリーグの球団)監督の三好貴士ら海外で挑戦する男たちを紹介された。現状を彼らに説明すると「じゃあウィンターリーグに行ってみなよ」と誘われ、親の反対も押し切って2018年1月に渡米。大学の野球部も辞めた。