日本初の女子高生プロ野球選手――。

 身長155cmの小柄な彼女は“ナックル姫”と呼ばれ、好奇と興味の入り混じった注目を浴びていた。2008年末、関西独立リーグのドラフト会議で神戸9クルーズから指名を受け、翌年3月の開幕戦で初登板。そんな彼女の様子は連日メディアを賑わせ、ちょっとした“ナックル姫フィーバー”を起こすほどだった。

 しかしまだ高校生。数カ月前までまったく無名の存在だったにも関わらず、自分に注目し盛り上がる世間を見て、当の本人である吉田えりは何を思っていたのだろうか。

「まさかプロになれるなんて思っていなくて嬉しかったのですが、すごい注目されて、これはもうどうなっちゃっているんだろうって。本当に大丈夫なのかなって思いましたね」

 当時を振り返り、吉田は苦笑した。(全2回の1回め/ 続き を読む)


吉田えり選手 ©️文藝春秋

中学時代に悩んだ「男子との体格差」

 彼女が野球を始めたのは小学校2年生のときだ。大好きな2歳上の兄に影響を受け、地元のチームに入団した。今でこそ野球をプレーする女子は当たり前にいるが、当時は少数派であり、吉田のチームには本人も含め2名しかいなかった。男子と同じ土俵で競い合いながら、吉田はいつしか野球に魅了されていったという。

 中学生になっても野球熱は収まることなく、部活は野球部を選んだ。女子生徒の加入は前例がなかったというが顧問が女性の先生だったこともあり、また試合にも出場できるということで白球を追う日々を選択した。だが、ここで以前とは異なる現実を突きつけられる。

「小学生のときは感じなかったんですけど、中学生になると男子と体格差が出てきて、どんどん抜かされていくんです。体力的な部分を受け入れるのに時間がかかったというか、同じメニューをやっているのに差がついてしまって正直、野球を辞めたくなったこともありましたね」

 埋めきれぬフィジカルの差。その後、吉田はこの大きく立ちはだかる壁を克服するための戦いを強いられることになる。