グループステージ最終戦となるスペイン戦、決勝トーナメント進出を賭けて雌雄を決する戦いに臨む日本代表。

 だが、スペインは、かなりの強敵だ。

 長短織り交ぜたパスワークとスピーディーな攻撃で、日本が敗れたコスタリカを7-0で圧倒。ドイツとは1-1のドローで終え、勝ち点4でグループ首位に立っている。

 日本は、スペインに勝てば無条件でベスト16に進出できるが、ドローの場合はコスタリカVSドイツの結果次第ということになる。選手は一様に「勝つことしか考えてない」と強気だが、コスタリカ戦は攻撃陣が不発に終わり、無得点に終わった。勝利するためには、ゴールを奪わなければならないが、そのキーマンが鎌田大地(フランクフルト)だ。


鎌田大地 ©JMPA

鎌田はまだ期待された輝きを放っていない

 カタールW杯で日本は2試合を消化したが、スタメンフル出場を果たしているのは、ゴールキーパーの権田修一、センターバックの吉田麻也と板倉滉、ボランチの遠藤航。そして攻撃陣では鎌田だけだ。「3試合すべて出場してほしい選手」と森保一監督が語るほど、絶大な信頼を得ている。

 ところが、ドイツ戦、コスタリカ戦ともに、鎌田は期待された輝きを放っていない。

 今シーズン、鎌田が所属するフランクフルトは、ブンデスリーガでリーグ戦4位、チャンピオンズリーグD組2位につけている。彼は、チームの中軸としてプレーしており、日本代表でもフランクフルトでの存在感を求められている。だが、今回のW杯ではゴールに絡むプレーや中盤でゲームを作るプレーが少なく、ミスも多くて精彩を欠いている。

 0-1で敗れたコスタリカ戦後は、「僕個人もチームも、イージーなミスが多かった。僕は、イージーなミスをしてはいけない選手だと思う。普段(フランクフルト)の今シーズンに関しては、起こってはいけないこと。自分のプレーに納得いっていないです」と、自身の調子について語った。

 イージーなミスは、W杯のような大きな国際大会では命取りになり、あってはならないことだ。鎌田の調子が上がらず、自身に少しイラついているのは、コンディションというよりも周囲とのコンビネーションの部分であまり噛み合っていないからだ。