西武の山川穂高(31)がフリーエージェント(FA)宣言をするかに注目が集まっている。そんな中ひと足早く、獲得に乗り出す方針を固めたのが中日だ。

 2年連続最下位からの巻き返しを図るためには、打線の強化が最優先課題。たとえスネに疵を持つ山川であっても、元本塁打王がFA市場に出てくるなら指をくわえているわけにはいかない。他球団関係者の間でも「中日はなりふり構わず獲りにくる」(在京セ・リーグ球団編成担当)との見方が広がっている。


山川穂高選手 ©️時事通信社

 オフに入って間もない頃、立浪和義監督(54)は親しい知人に山川獲得の意思を問われて、こう即答したという。

「獲りにいきますよ」

女性問題で評価を下げた山川に立浪監督が前のめりな理由

 立浪監督が意欲を示すのも当然で、中日はここ数年ずっと貧打にあえいでいる。現役時代に通算2480安打を放った立浪監督は2021年の就任記者会見で「打つ方は必ず、何とかします」と立て直しに自信を見せていた。しかし結果は、2年連続でチーム得点、本塁打数ともにリーグ最低に沈むなど打線は低調なままだ。

 チーム防御率はセ・リーグ2位なだけに、攻撃さえ立て直せば上位進出が見えてくる。今季は石川昂弥、細川成也と楽しみな打者が台頭した一方、ダヤン・ビシエドが衰えを隠せず長距離砲の獲得が不可欠だ。

  山川は今季開幕直後に女性問題が発覚し、シーズンをほぼ棒に振った。それでも立浪監督が獲得に前のめりなのは理由がある。

「来年は3年契約の最終年で、Bクラスに低迷すれば進退問題は不可避。井端弘和氏(48)を筆頭に次の監督候補が何人も控えているだけに、是が非でも結果を出す必要があるんです」(前出の編成担当)

 しかし立浪監督は、今オフすでにコーチ人事で2つの挫折を味わっている。