〈 《電撃離婚》羽生結弦親族の告白「離婚もニュースで知った」「落ち着いたら祝おうと思っていたんですけど…」 〉から続く

 11月17日、X(旧Twitter)で突然、離婚を発表したフィギュアスケーター・羽生結弦(28)。今年8月4日に結婚を発表してから、わずか105日での離婚となった。


離婚を発表した羽生 ©共同通信

「やっぱりゆづは子供だったんですよ」

 離婚を発表した声明文で、羽生は〈誹謗中傷やストーカー行為、許可のない取材や報道〉に思い悩んできたと告白。離婚に至った経緯について、こうつづっている。

〈私が未熟であるがゆえに、現状のままお相手と私自身を守り続けることは極めて難しく、耐え難いものでした〉

 わずか105日間で終わってしまった結婚生活の背景には何があったのか──。そのあまりにも唐突な発表は、さまざまな憶測を呼んでいる。

 そんな中、11月22日に「現代ビジネス」で公開されたある記事が話題を呼んだ。羽生の祖母がインタビューに応じ、親族としての考えを明かしたのだ。

 祖母は羽生の現状を心配しつつも、率直な心情をこう吐露している。

「やっぱりゆづは子供だったんですよ」

「相手の方もよそのご家庭の大事なお嬢さんです。(相手の家族の)お気持ちを考えると本当に胸が痛いです」

 なぜ、このタイミングでインタビューに応えたのか。その真意を尋ねるため、11月26日、小誌記者は仙台へと飛んだ。

 直接取材を申し込むと、インターホン越しに祖母本人と会話ができた。しかし、

「取材は一切お断りしているんですよ。私のコメントが現代さんから出たことで、私、悩んでいることいっぱいありますんで……。ただ本当に心を痛めています」

 祖母はひたすら「お騒がせして、本当に申し訳ないです」と謝罪の言葉を繰り返すのだった。

 それでは、他の親族は「105日間での離婚」をどのように捉えているのだろうか。小誌記者は羽生の叔母を訪ねた。