今年7月、大阪府枚方市の遊園地「ひらかたパーク」で、アルバイトスタッフが亡くなるというショッキングなニュースがあった。原因は熱中症だった。

 他にも連日の猛暑の中、相次ぐ熱中症による体調不良で倒れる人が続出。総務省消防庁によると、今年7月29日〜8月4日までに熱中症で緊急搬送されたのは1万8347人、死亡数は57人に上っている。

 予防策は、決して他人ごとではない「熱中症」をまずは知ること。週刊文春で様々な視点から取り上げてきた、真夏の猛威「熱中症」企画をここに紹介する。

 

※「週刊文春」2018年8月2日号より転載。記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです。

食事を見直し、健康な体づくりを目指す

「この夏は、長期的視野に立った猛暑対策が必要です」

 そう警鐘を鳴らすのは、帝京大学医学部附属病院・高度救命救急センターの三宅康史(やすふみ)センター長。

「これまでにない長期間、暑さが継続したとき、例年より熱中症の患者数がどれだけ増えるのか、予想すらつきません。

 熱中症対策の基本は、こまめな水分補給と塩分補給。あるいは部屋の温度調節や不要な外出を控えることで、体温を正常に保つ。ただ、それはあくまで基本。毎日の食事を見直し、健康な体づくりを目指すことも重要です」(三宅氏)


©iStock.com

 熱中症とは、高温多湿の環境に身体が適応できないことで生じる、さまざまな症状の総称。水分、塩分の補給が重要なのはいうまでもないが、食事によって“夏バテ”しないスタミナを蓄えることもまた大事というわけだ。