蜘蛛の巣、という表現以上に適切な比喩は見当たらない東京の地下鉄ネットワーク。まあとにかくたくさんの駅があって、どの駅も人で溢れている。だから、“ナゾの駅”として取り上げられるような駅はほとんどないといっていい。それだけ東京の地下鉄ネットワークは充実しているということなのだ。

 ところが、そんな東京の地下鉄の駅の中にも厄介きわまる駅がある。とにかくややこしい。同じホームから発車する電車の行き先が多岐にわたり、乗り間違えたら取り返しがつかない、そんな駅だ。

 例えば、都心方面のホームに降りて待っていた電車に飛び乗ったら、新木場に行く予定だったのに気がつけば渋谷。もしくは、郊外方面の電車に乗って練馬に行こうと思ったら東武東上線の端っこ、森林公園。もうそうなってしまっては駅頭に立ち尽くして途方に暮れるほかないだろう。

 ここまで書けば分かる人も多いはず。そう、小竹向原駅である。


「小竹向原」には何がある?

4方向に分岐する「小竹向原」

 小竹向原駅は、東京メトロ有楽町線・副都心線の駅だ。いずれも終点は和光市駅だから“ナゾの終着駅”とは言えない。だが、その終点の和光市駅まで行く電車だけが小竹向原駅を通るわけではないから問題なのだ。

 小竹向原駅には西武有楽町線という名前だけ見るとどこを走っているのかわからないような名前の路線(地下鉄有楽町線直通の路線、ということで名付けられたという)も乗り入れており、地下鉄がそちらに直通した場合は西武池袋線方面に連れて行かれてしまう。

 逆方向も同様で、有楽町線と副都心線はもちろん行き先がまったく違うので、これも間違えたら悲惨極まる。すなわち、4方向に行き先が分かれる小竹向原駅は、うかつに降りると「迷宮入り」してしまうというとてつもなく恐ろしい東京きっての“ナゾの分岐駅”なのである。

 ただ、そんなげに恐ろしき駅にも関わらず、小竹向原駅の存在はよく知られているのではないか。地下鉄有楽町線・副都心線・東武東上線・西武池袋線という4方向の路線、そして副都心線が直通する先の東急東横線の車内でも案内放送で名を聞くことがあるし、路線図でも目立つような場所に載っている。副都心線が開業した当時は、小竹向原駅の乗り換えがややこしくて間違える人が続出、などというニュースにもなったくらいだ。

 降りたらキケン、小竹向原。いったいどんな駅なのだろうか。勇気を振り絞って、訪れてみることにした。