内田也哉子さんと中野信子さんの共著『 なんで家族を続けるの? 』(文春新書)の刊行を記念して、4月11日に行われたオンライントークイベント。ZoomウェビナーとYouTubeライブ中継( 現在、YouTubeにてアーカイブ動画を公開中 )を合わせて1800名超の視聴者を集めたトークの全貌を公開します。(全6回中の1回目。 #2 、 #3 、 #4 、 #5 、 #6 を読む)

(文:小峰敦子、撮影:山元茂樹/文藝春秋)


 

初対談から1年4カ月の集大成

中野信子(以下中野) ご覧いただいている皆さん、ありがとうございます。文春新書『なんで家族を続けるの?』をお買い求めくださっている方も、書店で見かけた方も、ネットで見かけたという方もいらっしゃると思います。今日はその刊行記念ということで、内田也哉子さんと私、中野信子が2時間のトークをお送りいたします。よろしくお願いします。

内田也哉子(以下内田) 内田也哉子と申します、よろしくお願いいたします。緊張していますが、とても楽しみに参りました。2020年1月、今から1年4カ月前に初めて中野信子さんとお会いしたんです。2018年に母の樹木希林が亡くなり、遺品などを展示した「樹木希林展」が横浜のそごう美術館で開催されていたのと、ちょうど「週刊文春WOMAN」の創刊1周年と時期が重なったことで、横浜で「週刊文春WOMAN meets 樹木希林展」というトークイベントをやりました。創刊号から中野さんも私もこの雑誌にそれぞれの連載を持っていたということもありますが、対談するならぜひ中野さんと、という私のたっての願いが叶いました。

中野 もう、光栄でした。

内田 初対面でいきなり、600人の観客のみなさんの前でトークライブを。

中野 ほぼアドリブでした。

内田 それから四季を追うごとに、2人でレストランとかカフェとかで待ち合わせをして、編集の方の立会いなしで。

中野 対談を重ねてまいりまして、そのエッセンスがこの本になりました。

内田 「週刊文春WOMAN」の誌面に掲載されたものもあれば、この本のために対談したものもあって、その集大成として1冊になったわけなんです。今日はありがたいことに、事前に申し込みしてくださった方からたくさんの質問が集まりました。それをもとにお送りしますが、そもそもこの本自体が、私が一人心悩ませていたことを中野さんに吐露し、中野さんがたくさんの知識の中から、それはこうかもしれない、ああかもしれないという禅問答のような内容になっています(笑)。

中野 「作麼生(そもさん)」「説破(せっぱ)」みたいな(笑)。

喋り方が似ている2人

内田 では早速、皆さんからのご質問にまいります。最初は40代女性から。

Q.【40代女性より】2人が本を出すきっかけは? お互いに似ているところとまったく違うところはどこですか?

内田 本を出すきっかけについては今、お話ししたとおりなんですが、お互いに似ているところとまったく違うところについては、中野さん、いかがでしょうか。

中野 也哉子さんと似ているかもしれないなんて思うことも恥ずかしい、おこがましい気もしますが、しばしば、喋り方が似ていますねって言われます。

内田 え、中野さんは私ほど遅くないと思うけど。

中野 いや、私もすごくゆっくり喋ると思う。言葉を大事にしようと思っているので、お話しするときは言葉を探すから、サーチタイムがかかるんですよ。そのタイミングが、たぶん似ている。言葉を大事にしたい気持ちが似ていると思います。でも、也哉子さんの言葉のチョイスのほうが、私は好きだけどね。

内田 こんな頭脳明晰な方と、言葉を探すスピードはおそらくまったく違いますよ(笑)。そんなふうに言っていただけてありがたいと思いますけど。では、違うところは?