昨年、かぶせ釣りで磯の王者・イシダイを狙うため島根県浜田市を訪れた。

 協力者のサポートもあり、無事イシダイを釣ることができたのだが「浜田にはまだまだヤバい魚がいる」と教えてもらったのが堤防のヒラマサドリームだ。青物御三家(ヒラマサ、カンパチ、ブリ)の中でも引き味が上位と言われるヒラマサが、なんと堤防から釣れるという。

経験値的には昨年と変わらない状況だが…

 昨年は、ボイル加工されたオキアミを大きなカゴに詰めて豪快に投げ込むクラシカルなカゴ釣りで狙ったが、多くの地元勢が釣り上げるなか、私にはアタリすらなく悔しい思いで撤退した。


ヒラマサはまだ遠く

 余談だが、隣で釣りをされていた方が「ヒラマサがかかったらタモ入れは俺に任せろ」とおっしゃってくれたので、「私もあなたが釣れたら魚を掬います!」と言って意気投合したものの、結局両者その機会を得ることはなかった……。しかし、昨今のSNSで見かける釣り場トラブルとはかけ離れた、人の優しさに触れることができた貴重な釣行であった。

 あれから1年……。ホームエリアの関東で青物が振るわず、経験値的には昨年と変わらない状況でのヒラマサチャレンジ。釣れてから取り込むまでのハードルも高いヒラマサ。宿題の学習ドリルを未着手で新学期を迎えるような不安な気持ちだが、今年こそヒラマサを釣るべく、飛行機で島根県に向かった。

事前情報ではヒラマサは好調!

 現地の方に話を聞くと、今年はヒラマサの入りが遅かったものの、連日釣り上がるほど好調だという。しかし、釣りあるある「昨日までは良かったんですけどねぇ……」が発動されるかもしれないので、決して気を抜くことはできない。釣りは環境に依存しているため、たとえ半日雨が降っただけでも釣れなくなることがある。

 今回はボイルオキアミをたくさん詰められるご当地の青物専用カゴ(山陰カゴ)を現地の釣具店で購入した。

 青物はコマセの投射量がものを言うそうで、他の釣り人にせめてインパクトで劣らないように郷に従った。