公務にジーンズ、ヘンリー王子にボディタッチ… ロイヤル・プロトコルを破ったメーガン妃とイギリス王室の“摩擦” から続く

 2021年2月14日。バレンタインデー当日にメーガン妃の第二子懐妊が発表され、イギリス王室からも喜びの声が上がった。しかし、メーガン妃の“出産”については、王室離脱のきっかけの一つにもなったとされる諸問題がある。それは、第一子アーチーくん妊娠・出産時の“王室”らしからぬ行動の数々だ。

 ここでは亀甲博行氏の著書『 ヘンリー王子とメーガン妃 英国王室 家族の真実 』(文春新書)を引用し、第一子のアーチーくん出産当時、ヘンリー王子夫妻がとったさまざまな問題行動を紹介する。(全2回の2回目/ 前編 を読む)

◇◇◇

出産をめぐってマスコミと不協和音

 2019年5月、私の帰任直前にヘンリー王子とメーガン妃の第1子アーチーくんが誕生した。あのロイヤルウェディングから1年、メーガン妃の出産は多くの関心を集め、その人気ぶりを改めて印象付けた。

 しかし、ここでも従来のイギリス王室の慣習を破った。“メーガン流”を貫いた出産スタイルは、すでにこじれていたイギリスメディアとの関係をさらに悪化させることになった。

 近年、ロイヤルベビーが生まれる場所といえば、ロンドンのセント・メアリー病院だ。出産直後のキャサリン妃が赤ん坊を抱いて笑顔を見せている映像を記憶している人も多いのではないだろうか。あの場所である。キャサリン妃はジョージ王子、シャーロット王女、ルイ王子の3人をここで産んだ。ダイアナ元妃がウィリアム王子とヘンリー王子を産んだのもやはりセント・メアリー病院だった。


©iStock.com

 出産予定日の数週間前になると、病院前の道路では交通規制が始まり、やがて熱心な王室ファンが泊り込みを始める。病院周辺の様子をチェックしていれば、出産が近づいていることは一目瞭然だった。

 しかし今回は予定日が近づいても病院前に変化は起きなかった。どこで出産するのか、王室が一切情報を出さなかったのだ。

 40年来の王室ファンだというマーガレット・テイラーさんに取材してみたが、彼女にも情報が入っていなかった。

「何も情報がないんです。キャサリン妃の3人の子供のお披露目を見てきたので、今回見られないのは残念です」

 本来なら出産予定日まであと10日ほどになれば、彼女たちは病院の前で場所取りを始める。しかし今回は情報がなく、どこに行けばいいのかわからないのだという。

キャサリン妃の努力を全否定するような行動

 実はヘンリー王子とメーガン妃は「出産をプライベートなものにしたい」と話していた。そのためイギリスメディアの間では、メーガン妃が病院ではなくウィンザー城の自宅で出産するのでは、という見方が広まりつつあった。この頃には新居であるフロッグモア・コテージをセレブ仕様にする改装も終わり、2人はウィンザーに移っていた。

 しかしメーガン妃がどこで出産するのかは最後まで公表されず、私たちもわからないままだった。

 さらにロイヤルベビーといえばおなじみの、退院する際に赤ん坊をお披露目するシーンも設定されないことがわかった。

 ロイヤルベビーはただの赤ん坊ではない。将来のイギリス王室を支える一員、である。もちろん2人の子供は兄ウィリアム王子の子供と違って国王になる可能性は低いが、それにしても生まれた赤ん坊を少しでも早く見たいというのは国民の願いでもある。これに応じることはある意味、王室としての務めだろう。

 なぜメーガン妃が出産直後のお披露目を拒否したのかについて、王室から公式な説明はなかった。

 しかしイギリスメディアは関係者の話としてその理由を伝えた。フェミニストであるメーガン妃にとって、出産直後に髪をセットし病院の前でお披露目する行為は、女性に過度に負担を強いるものであり、信条に反するのだという。