英国王室をめぐる騒動が収まらない。6月6日にヘンリー王子とメーガン妃は「6月4日、娘を授かりました。彼女は私たちの想像以上の存在で、世界中から寄せられる愛と祈りに感謝します」と第2子の誕生を発表。さらに、誕生した長女の名前は「リリベット・ダイアナ・マウントバッテン=ウィンザー」だと発表した。ところが今、英国ではこの名づけをめぐって議論が巻き起こっている。


メーガン妃 ©iStock

 2020年1月に突然「高位王族としての地位を退き、経済的独立に向けて取り組む」と公表し、3月に米国へ移住した後、英国王室を離脱したヘンリー王子とメーガン妃だったが、今年3月には米CBSテレビに出演。人気司会者オプラ・ウィンフリーとの対談の中で、王室内に長男・アーチー君の「肌の色の濃さ」を懸念する声があったと告白した。この発言を受け、ウィリアム王子が「私たちは人種差別的な家族ではない」と異例の否定発言をするなど大きな騒動となった。

 さらに、6月8日にはメーガン妃が父子の絆を描いた絵本「The Bench」が発売されたが、こちらも英国内では「うぬぼれている」「この本を読みたいと思う子どもがいるとは思えない」などと酷評されている。

 ヘンリー王子とメーガン妃の一挙一動に注目が集まっている状況の中で起きたのが今回の名づけ問題だ。

 なぜ王室を離脱したヘンリー王子とメーガン妃による騒動が続いているのか、ヨーロッパ諸国の王室事情に詳しい関東学院大学国際文化学部教授・君塚直隆氏に話を聞いた。

眞子さまと小室さんが自分たちの子どもを「ミッチー」と呼ぶようなもの

「リリベット」と聞いたときは、私も驚きました。リリベットというのは、エリザベス女王の特別な愛称なのです。女王は幼い頃、自分の名前をうまく発音できませんでした。その発音から祖父のジョージ5世が「リリベット」という愛称をつけたのです。今年4月に急逝した夫のフィリップ殿下も愛情を込めて女王のことをリリベットと呼んでいました。つまり、リリベットとは女王の幼少期を知る血縁関係者と最愛の夫だけが使用していた極めてプライベートな愛称なのです。

 日本でも天皇陛下のことを幼少期にご家族が徳仁親王に由来して「ナルちゃん」と呼んでいたことがありました。「リリベット」もそれに近いといえます。今回の騒動を日本の皇室で例えるなら、眞子さまと小室圭さんが結婚をし、自分たちの子どもに「美智子」と名付け、ミッチーと呼ぶ、ということになるのではないでしょうか。

 身勝手に王室を離脱し、王室批判を続けている夫妻が長女の名付けにそんな思い出が詰まった愛称を使用したことに英国民から反発が起きているのです。ましてや、長年連れ添った夫・フィリップ殿下を4月に亡くしたばかりの女王に対し、英国内では深い同情と、悲しみの中で公務を全うする女王への敬愛が集まっています。そうした状況の中で、この名づけ問題が発生したわけですから、英国民が怒るのも無理はありません。