コンビニエンスストア最大手のセブン−イレブン・ジャパンが、環境負荷低減の取り組みを強化している。

 6月から、いれたてコーヒー「セブンカフェ」の販売の際に発生する「コーヒーかす」を再利用して作った消臭除菌剤を、セブン−イレブンの全店舗(4月末時点で1万9453店)において、清掃用品として導入した。

 セブンカフェは年間で約10億杯を販売している。1杯ずつコーヒー豆をひき、ドリップ方式で抽出するため、販売と同時に一定量のコーヒーかすが発生する。これまでは、これを廃棄処分していた。

 コーヒーかすには「コーヒー酸」「キナ酸」といった消臭成分が含まれている。コーヒーかすの一部をリサイクルし、消臭成分を抽出することで、消臭除菌剤を開発した。自社の店舗で使用することで、廃棄物の削減につながる。

 一方、温室効果ガスの削減に向け、セブン−イレブンで販売するオリジナル「サンドイッチ」の包装に、5月末から二酸化炭素(CO2)の排出を抑えた素材の使用を開始した。

 フィルムの印字インクに植物由来の「ボタニカルインキ」を使用。包装フィルム自体も防湿性や耐久性を維持しながら、従来で約5%薄くした。

 これらの取り組みの結果、石油由来の素材を減らし、年間のCO2排出量を166トン削減することに成功したという。

 また、5月にはセブン−イレブンの一部店舗で、小型ペットボトル回収機を導入。ペットボトルから再びペットボトルにリサイクルする実証実験を開始した。

 このほか、セブン−イレブンでは6月、日本政府が推進する国民運動「COOL CHOICE“賢い選択”」との連携を推進した。同運動は温室効果ガスの削減を目指し、製品やサービス、行動で賢い選択を促す取り組み。

 6月の環境月間に併せて、定期的に店舗内のレジ画面に「COOL CHOICE」のロゴを掲示し、レジ袋の削減を推進。また、店内BGMでもレジ袋の削減を顧客に呼びかけた。