『シャン・チー/テン・リングスの伝説』見ましたか?

Marvel Studios / Courtesy of Marvel Studios

マーベルのスーパーヒーロー映画最新作『シャン・チー/テン・リングスの伝説』。

コロナ禍でDisney+での配信待ちという人もいるかと思いますが、ヒーロー映画好きならチェックはしているはず。

アジア人ヒーローとしても注目されているシャン・チーを演じるのは、シム・リウ。

彼のこと、気になりません? シャン・チーで初めて見た!という人も少なくないはず。初めて見たのに、すでに気になってもう恋してる!って人もいるはず。私もだいぶ気になっています。


シム・リウは、中国系カナダ人の俳優です。

Mike Marsland / WireImage / Getty Images

カナダ通の人なら知っているかもしれませんが、カナダのコメディ『Kim's Convenience』のジャン・キム役で一気に知名度がアップ!今回のシャン・チー役は、本人いわく「人生が一変する」大抜擢だったのだとか。

掲示板Redditにて、AMAスレ(本人がいろいろ答えていくスレ)があるので、そこのコメントをメインに、シム・リウについていろいろまとめてみました。


シャン・チー役が決まった時は、パンツ1枚で号泣

-

Simu Liu / Via instagram.com

「パンツ1枚でトロントの自宅にいた時、電話がきて人生が変わった」

「4日後には、ファーストクラスでサンディエゴに招待されて、アンジェリーナ・ジョリーと一緒にディナーしてた。『リーグ・オブ・レジェンド』について熱く語る俺の話を、我慢強く聞いてくれてたな」


アニメ好き

Courtesy Everett Collection

好きなアニメはブリーチ、ドラゴンボールZなど。いちばん好きなのはポケモンとデジモン。


師匠はトニー・レオン

Marvel Studios

『レッド・クリフ』などで有名なトニー・レオンは今回、シャン・チーの父、シュー・ウェンウー役で出演しています。

シム・リウは、トニー・レオンとの撮影の日々をこう語っています。

「毎日、演技の超上級クラスを受けているような気分だよ。トニー・レオンは、伝説の人物と言っていい人だから」

「彼から目が離せないその理由は、彼の静けさ。動き1つで感情をみせる能力が素晴らしい」

「俺みたいな新人はガチガチに緊張してセットにくるけど、トニーのおかげで落ち着けたと思う。何時間もトニーの目を見つめられるなんて、それだけで最高の仕事だよ」


俳優になる前は、画像素材のバイトをしていた

FatCamera / Getty Images

素材画像モデル、スタントマン補欠要員、子ども向けイベントのスパイダーマンの中の人など、エンタメ絡みのバイトをいろいろ経験。ドッグフードのサンプルを路上で配るバイトもしていたとか。


フォール・アウト・ボーイのMVに出演

Ontario Media Development Corporation / DCD2 Records / Via youtube.com

フォール・アウト・ボーイ「Centuries」のミュージックビデオで、ピート・ウェンツのスタントを担当していました。


アバクロのショップ店員も!

-

Instagram: @yopeteryang / Via Instagram: @yopeteryang

Abercrombie & Fitchの入口で上半身裸で接客するあれをしてたこともあり。


経理職時代も

PLEASE STOP USING MY FACE FOR YOUR ACCOUNTING MATERIALS!!I WAS AN ACCOUNTANT FOR 9 MONTHS I WAS AWFUL AT IT AND I HATED EVERY MINUTE OF EVERY DAY AT WORK(That’s not to say that accounting is not a perfectly valid pursuit for certain people!! Live yo best life!!)

— Simu Liu (刘思慕) (@SimuLiu)

俳優活動を始める前、経理部で働いていたこともありました。本人いわく経理の仕事は大っ嫌いだったとか。

Twitterで「頼む、俺の画像を経理系のやつに使うのやめてくれ! 9カ月だけ経理をやっていたけど、まったく向いていなかった。ほんっとうに嫌いだった!」なんて発言をしています。


無類のタピオカ好き

Ladies and gentlemen, I am SO very excited to present to you the June cover of @MensHealthMag, featuring its first-ever East Asian cover model.You know it’s a big deal because I gave up boba for weeks for this shoot... WEEKS!

— Simu Liu (刘思慕) (@SimuLiu)

Men’s Healthマガジンの表紙撮影のため、大好きなタピオカを我慢していたと語っています。

「Men’s Healthの6月号表紙、東アジア人初のカバーモデルで大興奮しています。これはなかなか一大事、だってこの撮影のために何週間もタピオカ我慢したし!」

Redditでも好きなおやつはタピオカドリンクだとコメント。

「Uber Eatsでタピオカ頼もうとして、デリバリー料金が高さにビビって元を取ろうとタピオカを3つたのむ。で、飲みすぎる」


バク転で首を怪我しそうになったことあり

-

Simu Liu / Via instagram.com

シャン・チー役が決まって、週5日、1日5〜6時間トレーニングに励んでいたといいます。

「シャン・チーはカンフーの達人、一方シム・リウは首ヤバくなりがちの達人という。本当、練習のかいがあった!」


バスケとかぎ針編みを愛する

-

Simu Liu / Via Instagram: @calebjooo

RedditのNBAとかぎ針編みの模様スレは常にチェックしているとか。


オークワフィナとのシーンではアドリブも

Jasin Boland / Marvel Studios

デスティン・ダニエル・クレットン監督が自由にやらせてくれ、長めに回してくれたそうです。

飛行機で、シャン・チーがケイティに過去を語るシーンは台本なしのアドリブだって!


カントリーミュージック好き

Big Machine Records / Via youtube.com

お気に入りはテイラー・スウィフトの「Our Song」。


脚本を書いた経験あり

-

Tricia Lee / Via Instagram: @tricialeedirector

シム・リウは、2017年短編フィルム『Meeting Mommy』のプロデューサー&共同脚本を担当しました。本作は、短編映画祭NBC Universal Shorts Festivalでセミファイナルに選出されました。

カナダの犯罪ドラマ『Blood and Water』の脚本を1話分担当し、出演したことも。


歌もうまい!

-

Simu Liu / Via instagram.com

インスタグラムで歌を披露することも。ピアノも弾けます。アーティストとのコラボ歴もあります。


『クレイジー・リッチ!』のオーディション、4回も受けてた!

Sanja Bucko / ©Warner Bros / courtesy Everett Collection

オーディションを受けたのは、ヘンリー・ゴールディングがつとめたニック・ヤン役。

シム・リウはゴールディングが選ばれたことについて、彼のイギリスなまりの英語もあっていてベストなチョイスだと認めています。

エンタメニュースサイト「デジタル・スパイ」のインタビューでは、続編(小説)に登場するレイチェルの兄弟カールトン・バオ役に興味があると発言しています。これはもしかすると…!期待しておきます!

『クレイジー・リッチ!』からは、ミシェル・ヨーとオークワフィナが『シャン・チー』に出演しています。


中学時代、バンドを組んでいた

-

Simu Liu / Via Instagram: @franklinlatt

バンド名はLX4。バンド名の由来は、メンバー全員、苗字がLから始まるから。いつか再結成したいそう。


ヒップホップダンスも得意

-

Simu Liu / Via instagram.com

雑誌「エンターテインメント・ウィークリー」インタビューで、ダンサー時代について語っています。

「ほぼ知られてないけど、ウェスタンオンタリオ大学のヒップホップダンスチームに所属していました」

(インスタの写真はダンスと無関係だけど、シム・リウは水上スキーもできるよ。逆にできない方が驚くか…)


舞台経験もあり

1 down, 16 to go. Don’t miss #Vietgone at the Royal Manitoba Theatre Centre (@MTCwinnipeg) running till Nov 17th!!!!

— Simu Liu (刘思慕) (@SimuLiu)

2018年のオフブロードウェイ『Vietgone』に出演。2人のベトナム難民がアメリカをロードトリップで回るストーリーです。


執筆業もこなしちゃう!

-

The Globe and Mail / Simu Liu / Via instagram.com

自身の体験を綴った著書『We Were Dreamers: An Immigrant Superhero Origin Story』が、来年発売予定です。

中国出身の両親、カナダでの生活、ハリウッド進出、親からの期待やステレオタイプとして見られることなど、シム・リウのさまざまな思いがつまっています。

「つらく、完璧とは言えない生活。でも、これが僕たちのストーリー。多くの人に読んでもらうのが楽しみです!」


犬派

-

Simu Liu / Via instagram.com

愛犬チョッパーくんは、映画『キング・アーサー』の撮影で訪れたドミニカ共和国で保護し、連れて帰ってきた犬です。


子どもたちのために!

-

Simu Liu / Via instagram.com

ミルクの消費量増を促進する「Got Milk?」キャンペーンと、NPO団体「No Kid Hungry」と協力し、カリフォルニア州のお腹をすかせた子どもたちに100万食を届けました。


知れば知るほど目が離せない。もう好き!


この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:soko / 編集:BuzzFeed Japan