ダイソーのプチブロックをご存知ですか?

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

110円で買えるブロックセットなんですが…

これ、すごいんです。


クオリティがめちゃくちゃ高くて、

Tomoya Kosugi/BuzzFeed


やりごたえがすごい!

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

やる前は\ちょちょいのチョイ♪/で出来ると思っていたのですが…


想像以上にブロックが細かいのと、

Tomoya Kosugi/BuzzFeed


組み立て工程が“マジ”すぎて、大人でも燃えました。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

説明書を広げた瞬間、気が遠くなりそうになりました(笑)

このプチブロック、いくつかの点を気をつけないと完成まで至らない可能性があります。

そこで、プチブロックを作る際に気をつけたほうがいいことを4つご紹介します。


楽しく作るために①:「対象年齢12歳以上」は的確。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

「12歳以上なんて大げさな〜」と、初めは思っていました。

ですが、作り終えた今ならわかります。12歳以下の子には難しいと。

もちろんブロックが得意な子もいるので、一概には言えませんが「やーめた」となる確率は非常に高いと思います。


楽しく作るために②:はじめにブロックを仕分けるべし。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

私は最初、このアドバイスを無視しました。「まぁ大丈夫だろ」って感じで。

その結果、大変すぎて投げ出しそうになりました。

ブロックを仕分けるのは“早く作るため”ではなく、“楽しく作るため”です。

私のように見栄を張らずに、素直に従いましょう。決断は早ければ早い方がいいです。


楽しく作るために③:図解の読み取りに慣れるまでは少し時間がかかる。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

「2次元に書かれた3次元の情報」を、手元の3次元で再現することのややこしさに、初めは発狂しそうになります。

「え〜と右から3コ、縦から2コ離れた所っていうのは…ここか?」みたいな往復が、最初はチマチマと続きます。

繰り返すうちに慣れていくし、強烈な脳トレにもなるので、踏ん張りましょう。


楽しく作るために④:ノッてくればこっちのもん♪

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

図解の読み取りにも慣れ、なんとなく形も見えてくればこっちのもんです。

その後に待っているのは“心地いい難しさ”なので、時間を忘れて没頭してしまいます。


ネコの制作時間は2時間。全然長く感じませんでした。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

一番初めに作ったということもあり、スタートは苦行でした。

しかし、慣れると燃えてきます。楽しくて仕方がありませんでした。


後ろ姿が可愛い。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

苦労して作っただけに、とても愛らしく感じます。


ショベルカーは1時間半。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

ネコによる経験の蓄積で、手際がよくなりました。

窓の部分には透明なブロックが使われています。


ショベルは可動式。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed


\グイーン/と曲げられます。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

いや、これ110円って…。

デザインもいいし、最高だな…。


新幹線も1時間半。個人的に一番感動したかも。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

何に感動したかというと…


先頭の造り込みが複雑で美しい…。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

作っている最中、「ほえ〜!」と関心してしまうほどのデザインです。

ネコ、ショベルカーに比べると、一見シンプルに見えますが、とても凝った造りになっています。


中間車両(別売)と連結できる!

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

ここまで遊べるなんて…ダイソー素晴らしい…。


我が家では本棚に飾って愛でています。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

作って楽しいし、飾っても楽しいから、どんどん追加しちゃいそう!


他にもた〜くさんの種類がありました!今まで素通りしてた方も、暇つぶしに一度遊んでみては?

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

デザイン ★★★★☆

やりごたえ ★★★★★

コスパ ★★★★☆


「暇つぶしはやっぱりスマホ派」の方にオススメの商品がこちら。

BuzzFeed

こちら、Amazonで見つけた「モバイルピロー」という商品です。

どういう商品かと言うと…


ぐにゃぐにゃ変形するクッションのおかげで…

BuzzFeed


夢みたいな体制でスマホが見られます!

BuzzFeed

“寝ながらスマホ完全形態”です。


手がラク〜〜♡

BuzzFeed

感動ものです。

寝ながらスマホを持つという、あの筋トレから解放されます。

これでYoutubeやNetflixを見る幸せ…。


360度回転します。なので…

BuzzFeed


ゲームや漫画もラクラク楽しめる♪

BuzzFeed

いや、ベッドから動かなくなるよ…。


さらに、こんな姿勢や、

BuzzFeed


こんな姿勢だって出来ちゃいます!

BuzzFeed

スマホを持たなくていいって、なんてラクなんだろう…。

そして…


Youtubeを見ながらのヨガにも便利。

BuzzFeed

場所を選ばず運動できます。


イスでの使用も可能。タブレットでのお絵かきがめっちゃラク…。

BuzzFeed

肘置きの役割を果たしてくれます。


対応スマホサイズは、横幅が95mmまで、厚みが20mmまでです。

BuzzFeed

高さの指定はありません。


充電しながらの使用も可能。

BuzzFeed

カバーは取り外して洗えます。

価格はAmazonで3167円。カラーは5色あります。

買う前は「少し高いな…」と思いました。

しかし、使う頻度と、この便利さを考えると今では大満足しています。

便利さ ★★★★★

汎用性 ★★★★☆

コスパ ★★★★☆