子供のころ、図工は好きでしたか?


私は大好きでした。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

図工がある日は、朝から体が軽かったのを覚えています。


そんな私は、今だにダイソーに行っても…

BuzzFeed


こういうコーナーでつい立ち止まってしまいます。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

はぁ、いいなぁ…。

特に…。


こむぎねんどやりたいなぁ…。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed


おどうぐセットも欲しいなぁ…。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

でも、いい歳こいて、こむぎねんど買うわけには…。

買うとしても、「甥っ子に買うねんど選びにきた」感じ出さなきゃ…。

…。

…もう、そういう言い訳がましいのはやめだ…!


ねんどやりたいから、ねんど買った!

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

子供の頃は買ってもらえなかった「おどうぐセット」までフルコンプ!

これぞ大人の遊び!(と言っても合計440円)。


さぁ、参りますぞ。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

あ、そうそう。


大事なもの忘れてた。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

「酒飲みながらねんどやる」って、地味に夢だったんだよなぁ…。

一杯飲んで、ねんどを手に取ると…


あぁ、ねんどはもとより、こむぎねんどを触るのなんていつぶりだろう…。この\ムチムチ感/懐かしい。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

油ねんどよりも手につきにくいです。

久しぶりに作る私にはちょうど良いかも。


記念すべき一作目は…!


一作目「上司」

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

僕の上司です。

と言ってもわかりませんよね。


この人です↓

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

久しぶりのねんどで一発目に作るものが「上司」だなんて…いい職場に巡り会いました♪

さて、手先がねんどを思い出してきたところで…


型で遊んでみましょう。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

ぐいっと押し込んで…


うん、いいね。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

ぷっくりしていて、普通に美味しそう。


続いてワッフル。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed


ぐっ!

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

パカっと開けると…


き、気持ちいい…♡

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

想像以上に綺麗にできてくれるので、快感です。

待って、冗談抜きでほんと楽しい。熱中しちゃう。


ワッフルを型抜きしたらどうなるかな…?

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

サクッ。


これまた快感です。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

こむぎねんどは歯切れがよくて扱いやすいですね!

子供も、そして久しぶりに遊ぶ大人もノンストレスで楽しむことができます。

そして…


ラーメンメーカーの実力はいかに。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

ギュ〜っと押し込むと…。


おお…。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

これは…。


\き、気持ちい〜〜…/

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

「110円だし、上手くいかなくても仕方ないな」と思っていましたが、完璧です。


出し切ったら、ねんどハサミでチョキン♪

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

これまた切りやすくて、笑ってしまうほど。


チャーシューメンを作りました。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

発色が綺麗だからか、ほんとウマそうなんだよな(笑)


チャーシューは“海苔巻き方式”で作りました。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

茶色の上に、脂身となる白を重ねて…


くるんっと巻きます。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed


カットして、指で表面をならしたら完成。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

もっと上手くできそうな気がするな。精進しよう。


ナルトも同じ方法で作りました。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

外側をでこぼこさせると、それっぽくなりますね。


ない色は混ぜて作ることができます!

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

例えば、この3色(ドクターマリオみたい)を組み合わせて…


よ〜くこねると…

Tomoya Kosugi/BuzzFeed


茶色になります。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

絵の具の混色とは少し分量が違うようです。

欲しい色ができるまで、色々試してみるしかありません。


外出が難しいこの時期。図工してみては?

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

スマホは情報を得られるし楽しいけれど…。

たまには昔を思い出して、図工しましょう。

子供はもちろん、大人の一人暮らしでも図工は最高!


なでなで。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed


おしまい。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

ぐほ!

手軽さ ★★★★☆

素材感 ★★★★☆

コスパ ★★★★★


暇つぶしなら、セリアの「プチっとプリン」も負けてません。

BuzzFeed

お値段は110円。

プリンを無限にプチッとできるやつですね。

無限プチプチ、無限えだまめ…。
今思えば懐かしすぎる無限シリーズの類似品です。


カップの底にツマミをグッと押して…

BuzzFeed


プチッ!

BuzzFeed


これだけです。笑えるくらいシュールでくだらないですが、この素朴さがたまりません。

BuzzFeed

プリンが絶妙にクオリティ高いところがいいですね。

なんかふと思い出した時にまた遊んじゃいそうです。

手元が寂しくなったときにぜひ!

クオリティ ★★★★☆

かわいさ ★★★★★

コスパ ★★★★☆