※記事で紹介した商品を購⼊すると、売上の⼀部がBuzzFeedに還元されることがあります。


洗濯が面倒な理由のひとつ「取り込み」が面倒くさい。

Yuya Hayashi / BuzzFeed

洗濯物を取り込むって意外と面倒なんですよね…。


それがこのハンガーを使うようになって解決した!

Yuya Hayashi / BuzzFeed


それがこちらの「ローラーピンチハンガー」です。

Yuya Hayashi / BuzzFeed

これを使うようになってから、洗濯がかなり楽になりました!

早速、ポイントを押さえて紹介していきます。


【ポイント1】コンパクトなのにデカい!

Yuya Hayashi / BuzzFeed

開くと幅77cmまで大きくなります。

42ピンチもあるから「あと靴下1足分が…」みたいな不足も減りそう。


【ポイント2】グリップフックが大きくて掴みやすい!

Yuya Hayashi / BuzzFeed

直径3cmまでに対応したグリップフックです。

安定性があって風に揺られても大丈夫◎


【ポイント3】先端がローラーになってるから、引っ張るだけで取り込める!

Yuya Hayashi / BuzzFeed

このローラーが回転することで「引っ張るだけ」で取り込めちゃうんです!

洗濯物を傷つけることもなく取り込めます◎


こんな風に本当引っ張るだけで、一気に取り込めちゃうんです。

Yuya Hayashi / BuzzFeed

めっちゃ楽だ…


いままでの「一つひとつ洗濯バサミを開いて…」がこんなに面倒だったとは。

Yuya Hayashi / BuzzFeed

もっと早く買えば良かった。


ただ、予想以上にデカイな。

Yuya Hayashi / BuzzFeed

物干し竿に掛けるとかなり威圧感があります。置き場所には少し困るかも…。

ただ、よりコンパクトな32ピンチタイプも販売されてましたよ。

ぜひ、チェックしてみてください!

便利さ ★★★★☆

お役立ち度 ★★★★★

コスパ ★★★★★


ちなみに、靴の洗濯ならこの「ネット」がオススメ!

BuzzFeed

そうじの神様の「シューズ丸洗い ブラッシングネット」です。

なんと、靴をネットに入れて洗濯機で洗うことができるんです!

お値段はAmazonで1980円。


ネットの裏地全体に、細かいブラシがびっしり…!

BuzzFeed

髪の毛よりも細かい「高密度ブラシ」が汚れをかき落としてくれるそう。

サイズは25×38cm。


使い方は、靴をネットに入れて洗濯機で洗うだけ!

BuzzFeed

砂や石などの汚れは、先に軽く落としておきましょう。


洗い上がったのがこちら!おお〜真っ白になってる〜!!

BuzzFeed

内側の汚れはさすがに落ちなかったけど許容範囲です。

脱水もできるから早く乾くし、めちゃくちゃ便利なシューズネットでした!

便利さ ★★★★★

コスパ ★★★☆☆

汚れの落ちやすさ ★★★☆☆


※記事で紹介した商品を購⼊すると、売上の⼀部がBuzzFeedに還元されることがあります。