※記事で紹介した商品を購⼊すると、売上の⼀部がBuzzFeedに還元されることがあります。


「結局、マウスってどれ使えばいいの…」ってなりませんか?

Yuya Hayashi / BuzzFeed

テレワークの導入で自宅で作業する機会が増えて、「もう少し良い周辺機器を使いたいな…」ってなったときに見つけたマウスがこれ。


このマウスがまさに別格な使い心地だったんです…

Yuya Hayashi / BuzzFeed

人間工学に基づいたトラックボールマウス、Logicoolの「MX ERGO」です。

本体左側についているトラックボールを動かして、PCのカーソルを操作するタイプのマウス。

価格は1万円オーバーでマウスとしてはかなり高級。でもその分、機能もすごい!個人的な体感ですが、作業効率が数倍向上しました。


多機能過ぎて全部を紹介するのは難しいのでポイントをピックアップ!

Yuya Hayashi / BuzzFeed

今回は特に気に入っているポイントを3つまとめます。

仕事などでPC作業を行う方には、ぜひチェックして欲しい…!


【ポイント1】トラックボール式なので手が疲れにくい!

Yuya Hayashi / BuzzFeed

最大の特徴が本体左側についている「トラックボール」です。

ここを親指でクルクルと回すことでカーソルの操作が可能。通常のマウスのように、手を動かす必要がないのでとても疲れにくいです。


最初は戸惑うけど操作は3日で慣れました。

Yuya Hayashi / BuzzFeed

今までのマウスとあまりに違うので、初めは操作に少し戸惑う…ただ3日も使えば完全に慣れました。

そして一度慣れてしまえば、もう病みつき。「なんで今までコレを使ってこなかったのか」と後悔するくらいに快適な使い心地です。

親指で操作するだけなので、疲れにくく、1日中PCを使っていても以前のような疲労感を感じません。


【ポイント2】人間工学に基づいたデザインと角度!

Yuya Hayashi / BuzzFeed

角度は0°と20°で調整が可能。この角度調整が手の緊張感を緩和してくれます。

実際、数時間に一回くらい角度を変えながら作業をするとリフレッシュされる感覚があって腕が楽です。


Yuya Hayashi / BuzzFeed

手の形に馴染む特徴的なデザインもポイント。しっかりフィットして疲れにくいんです。

角度調整の機能も合わさって、一日数時間使用していても疲れにくいです。


【ポイント3】充実のカスタマイズ機能で効率アップ!

Yuya Hayashi / BuzzFeed

一番のお気に入りが、カスタマイズ機能。

マウスには全部で5つのボタンがついていて、この全てに機能をカスタマイズできるんです。


専用のソフトに接続すると、さまざまなアクションを設定可能。

Yuya Hayashi / BuzzFeed

無料でインストール可能な「Logicool Options」というソフトを使って設定します。

コピー&ペーストや、ページ戻り、ページ送りなど日常的によく使う機能をカスタマイズ設定できます。


Yuya Hayashi / BuzzFeed

今まではキーボードのショートカットやカーソルで操作しなくてはいけなかったものが、マウスのワンクリックで操作できるようになって本当に便利…。

PhotoshopやLightroomなどソフトごとに設定をすることも可能で、使いこなせばかなり効率が上がります!


少し面倒なところといえば、定期的なメンテナンスくらいかな…。

Yuya Hayashi / BuzzFeed

ずっと使っていると、トラックボール内にゴミが溜まって滑りが悪くなってしまいます。

なので定期的にボールを外して掃除をしてあげてください。

ゴミを指でパパッと払うだけなので、掃除自体は一瞬で終わります。


本当にコレはもう欠かせない。

Yuya Hayashi / BuzzFeed

毎日PCを使った作業を行う方には強くオススメしたいマウスです!

見た目は難しそうでも使ってみるとすぐに慣れたりするものなので、ぜひチェックしてみてください。

便利さ ★★★★★
デザイン ★★★★★
コスパ ★★★☆☆


※記事で紹介した商品を購⼊すると、売上の⼀部がBuzzFeedに還元されることがあります。


【筆者プロフィール】

林裕也:PCやスマホなどのガジェットを中心としたブログを5年ほど運営したのち、2020年よりBuzzFeed Japanでインターンライターとして活動。カメラが好きなこともあり、記事にはこだわりの写真が登場する。ガジェット愛を披露できる場所をいただけて光栄である。