私は絵を描くのが趣味なのですが…


女の子がいまひとつ可愛く描けないんです…。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

悪くはないんだけど、なんか垢抜けないというか…。

そんな悩みを抱えていたころ…


“あるレッスン”をしたら、劇的に可愛い女の子が描けるようになりました…!

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

そのレッスンとは…!


こちら、ダイソーの「ぬりえでメイクレッスン」です!

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

ぬりえでメイクレッスンができる画期的な商品です。お値段110円。

軽い気持ちで買ったのですが、これがとんでもない神商品でした。


「メイクのきほん」の章が、鬼のようにわかりやすい。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

オールカラーで見やすい誌面と、子供向けに書かれた文章がとってもわかりやすいです。


説明がとっても実用的。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

「こうすると(原因)、こうなるよ(効果)」が簡潔に書かれいるので、すぐ試したくなります。


まずは、この女の子にメイクをしてみました。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

肌の色が元々塗られているページと、そうでないページがあります。


アイラインを描き込んで…

Tomoya Kosugi/BuzzFeed


アイシャドウを塗って…

Tomoya Kosugi/BuzzFeed


ノーズシャドウを塗って…

Tomoya Kosugi/BuzzFeed


チークを塗って…

Tomoya Kosugi/BuzzFeed


口紅をつけたら…

Tomoya Kosugi/BuzzFeed


完成です!

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

「メイクすげぇ!楽しい!」と本当に思いました。

「メイクのきほん」の章に描いてあることが、面白いくらいに効果として出るので、初心者でもグイグイ引き込まれます。


次はこちら。ヘアスタイルも自分で描き込むページです。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

少し難易度が高いですが、なんとか出来ました。


他のページを参考にしながら、ヘアスタイルを描き込みます。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

鉛筆でシャシャッと。


ちょっといびつですが、良しとしましょう。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

鉛筆の下書きを、ボールペンで清書しました。


肌色を色鉛筆で塗っていきます。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

寝かせて塗れば、意外と早く塗り終えられました。

先ほどと同じようにメイクをして…


仕上げに、付属のテンプレートで眉を描き込みます。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

正面を向いている顔にのみ使えるテンプレートです。


キレイにかけました。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed


完成です。先ほどよりも“大人の女性”を意識してメイクしました。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

メイクをして2回目なのに「ちょっとアイシャドウが濃かったかなぁ」という、具体的な振り返りをしている自分に驚きます(笑)


ただ、絵の具は使えませんでした。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

肌を一気に塗るのにいいかと思ったのですが…

色ムラがひどいのと、紙がボコボコになってしまいました。


マーカーもNG。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

塗ったページはキレイなのですが…


ウラに滲んでしまいます。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

惜しいな〜。


性別、年齢問わずオススメしたい。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

ダイソーブランドの商品なので、多くの店舗で出会えると思います。

110円とは思えないクオリティの良書です。

わかりやすさ★★★★★

塗りやすさ★★★☆☆

コスパ ★★★★★


お絵かきに使えるグッズなら、セリアの「イラスト用水彩筆ペン」もオススメ。

BuzzFeed

お値段は3本で110円です。


色がめっちゃキレイ。さいこうやん…!

BuzzFeed

ペン自体のデザインもシンプルで好きです。

「100均のイラストペンってどうなん?」と思っている、かつての私みたいな人に知ってほしい…!

発色 ★★★★☆

書き心地 ★★★★☆

コスパ ★★★★★