※記事で紹介した商品を購⼊すると、売上の⼀部がBuzzFeedに還元されることがあります。


Amazonの電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」を買ったら、本当に手放せなくなった…!

Yuya Hayashi / BuzzFeed

Kindleはいくつか種類がありますが、購入したのは、Wi-Fi・容量8GB・広告なしのモデル(1万5980円)。今開催中のタイムセール祭りで、1万980円になっています!

これを使うようになってから、読書がもっと楽しくなりました!

早速、ポイントを押さえて紹介していきます。


【ポイント1】紙の本とほぼ変わらない読みやすさ!

Yuya Hayashi / BuzzFeed

Kindleで小説や漫画を何冊も読んでいますが、目が疲れにくいです。

特殊な「e-inkディスプレイ」を使っているので、長時間使っていても目がチカチカすることはありません。本当にまるで紙!


画面サイズは6インチ。300ppiの高解像度なので、文字つぶれもなく快適に読めます。

Yuya Hayashi / BuzzFeed

Kindleと紙の本を比較するとこんな感じ。

一瞬、どっちがどっちか分からないレベル。「電子書籍って読みにくいんでしょ〜?」って思い込んでいる人にこそ、試してほしい。


【ポイント2】電子ならではのメモ機能とかも便利。

Yuya Hayashi / BuzzFeed

文字を大きくしたり、単語の意味をその場で調べられたり…紙では出来ない便利さがあります。

お気に入りは「ハイライト機能」です。本を読んでいて気になる部分をすぐにマークできるというもので、後から簡単に読み返せます。これを指1本で出来ちゃうのは、電子ならではですよね。


【ポイント3】外でもディスプレイの反射無し!

Yuya Hayashi / BuzzFeed

電車、飛行機とか移動中に本を読むことも多いのですが、そんなときにもKindleは便利!
一般的なスマホやタブレットだと、場合によっては太陽や照明の光が反射して文字を読むのに一苦労ですが…


Kindleなら外で読んでもこの通り。

Yuya Hayashi / BuzzFeed

画面の反射は、ほぼゼロで格段に読みやすいです。

電車や飛行機で窓際のシートに座ったときも、問題なく快適に読書できました◎


【ポイント4】ああ、そうだ。ちなみに暗い場所でも読めます。

Yuya Hayashi / BuzzFeed

フロントライト付きなので、周囲が暗くても問題なく読めちゃいます。

電気を消した後、ベッドで横になりながら読むとかにピッタリ。他には、夜行バスとかでも助かったなぁ。


【ポイント5】ダメ押しの防水機能。IPX8等級の防水機能を備えているのでビシャビシャに濡れても大丈夫!

Yuya Hayashi / BuzzFeed

「お風呂でゆっくり本読みたいなー」と思いつつも濡らしちゃうのが怖くてためらっていたんですよね。

ただ、Kindleなら大丈夫。IPX8等級の防水機能があって「深さ2mの真水に60分沈めても有害な影響がない」とのことなので、日常生活で濡れるシーンでは問題なさそうです。


【ポイント6】軽くて薄い。そして、コンパクト

Yuya Hayashi / BuzzFeed

初めて手に持った時の第一声は「軽い!」でした。6インチの大画面ながら、重さはたった182g。

しかも、薄くて片手でも持ちやすいサイズになっています。


もはや、持ち運べる図書館だ…!

Yuya Hayashi / BuzzFeed

持ち運びも楽々。サコッシュにもサッと入ってくれます。

このサイズに数千冊の本を入れておけちゃうって驚きだよね…。


もうコレは手放せない…!

Yuya Hayashi / BuzzFeed

容量32GBで通信機能が付いているものなど、いくつかラインナップがあるので用途に合わせて選んでくださいね。

便利さ ★★★★★

コンパクト ★★★★☆

コスパ ★★★★☆


※記事で紹介した商品を購⼊すると、売上の⼀部がBuzzFeedに還元されることがあります。


【筆者プロフィール】

林裕也: PCやスマホなどのガジェットを中心としたブログを5年ほど運営したのち、2020年よりBuzzFeed Japanでインターンライターとして活動。カメラが好きなこともあり、記事にはこだわりの写真が登場する。