※記事で紹介した商品を購⼊すると、売上の⼀部がBuzzFeedに還元されることがあります。


最近買ったスマートウォッチが想像以上に良かった!

Yuya Hayashi / BuzzFeed


なんと6000円以下でこの機能が全部詰まってるんです!

Amazon

日常的に便利なスマホ通知とか、歩数、心拍数など基本的な機能から、血中酸素濃度測定まで…機能としては十分すぎる!


それがXiaomi「Mi スマートバンド6」です。

Yuya Hayashi / BuzzFeed

通常5990円のところ、Amazonタイムセールで5690円!


内容はシンプル。本体、専用充電ケーブル、説明書のみです。

Yuya Hayashi / BuzzFeed


本体は思ったよりもコンパクト、しかも軽い!

Yuya Hayashi / BuzzFeed

重量はたった12.8g。本体サイズは47.4 × 18.6 × 12.7mm。

実際につけてみると、軽過ぎてつけているのを忘れてしまうくらいです!

ぼくが使っているApple Watch(36.7g)と比べても、圧倒的に違和感が少なく使えています。これなら、1日中付けてても楽そう…!


一回の充電で5日も使える。

Yuya Hayashi / BuzzFeed

バッテリーがかなり保ちます!セーブモードで使えば、最大19日間も駆動する優秀さ…。

使う頻度にもよりますが、通常使用でも5日は余裕で使えちゃいます。スマートウォッチは充電の面倒さが一番のネックだったりするのでこれは嬉しい!

ただ、専用充電器が必要です。


5気圧防水に対応で水濡れも余裕◎

Yuya Hayashi / BuzzFeed

5気圧防水とは、水深50メートルで10分間耐えられるくらいの防水性能。

手を洗ったり、雨で濡れるくらいなら問題なしです。


使い方は簡単。スマホに専用アプリをダウンロードして、説明通りにペアリングを進めていけば完了。

Yuya Hayashi / BuzzFeed

5分もあれば設定は完了しました。


しっかり画面に表示された!

Yuya Hayashi / BuzzFeed

正面の時計以外にも、天気や心拍数、バッテリー残量など情報がたっぷりで見やすい。

この文字盤以外にも、ストアにはたくさんの文字盤が用意されています。カスタマイズして自分好みの画面を作るのも楽しそうです!


機能はたっぷり過ぎて全ては紹介しきれない…!

Amazon

そこで数日使ってみて、特に気に入った機能を「3つ」ピックアップして紹介します!


1. 通知をすぐに確認できる!

Yuya Hayashi / BuzzFeed

設定すれば、LINE・ メール・電話などの通知をサッと手元で確認できます。

毎回スマホを開かなくて良くなったのが地味に便利…!大切な通知を見逃す機会も減りました。


2. 睡眠時間がわかる!

Yuya Hayashi / BuzzFeed

このバンドをつけたまま寝ると自動で睡眠時間をモニタリングしてくれます。深い眠り、浅い眠りまで詳しく分析してくれてる…。

使い続けている中で、自然と平均睡眠時間などを意識するようになりました。


的確なアドバイスもくれるので、それを参考に睡眠改善していこうっと…。


3. 歩数もしっかり記録!

Yuya Hayashi / BuzzFeed

腕につけているだけで、自動で歩数を測ってくれます。それに、距離やカロリーも表示◎

スマホを持っていないときも歩数を記録できるのが便利でした。

日課にしている「1日1万歩」に向けてモチベーションが高まります…!


その他にもワークアウトや心拍数、血中酸素濃度測定などの機能も…

Yuya Hayashi / BuzzFeed

Apple Watchみたいな高めのスマートウォッチで使う機能がコレでも十分使えちゃえます!

もちろん、操作面などでは多少劣りますが初めてのスマートウォッチだとすれば十分すぎると感じました…!


こんなに充実してて5690円は信じられない…!!!

Yuya Hayashi / BuzzFeed

「操作とか難しいのかな…」と思ってたんですが、そんなこともなく簡単に使えました。

スマートウォッチを探してる方や使ってみたい方には、コレがオススメです。ぜひ、Amazonでチェックしてみてください!

便利さ ★★★★★

役立ち度 ★★★★☆

コスパ ★★★★★


※記事で紹介した商品を購⼊すると、売上の⼀部がBuzzFeedに還元されることがあります。


【筆者プロフィール】

林裕也:PCやスマホなどのガジェットを中心としたブログを5年ほど運営したのち、2020年よりBuzzFeed Japanでインターンライターとして活動。カメラが好きなこともあり、記事にはこだわりの写真が登場する。ガジェット愛を披露できる場所をいただけて光栄である。