お出かけのついでにキャンドゥに寄ったら、気になったものがありました…!

BuzzFeed


それがこれ。加湿器にも花瓶にもなる…だと…?!

Chisato Morishima / BuzzFeed

我が家には加湿器も花瓶もないので、即購入。

家に帰って箱から出してみると…


おお〜!薄ピンク色がかわいい!!

Chisato Morishima / BuzzFeed

こちら「素焼加湿 ポット フラワー PK」です。

お値段は550円。



つるつるした触り心地の受け皿と、

Chisato Morishima / BuzzFeed


ザラザラした花瓶のセットです。

Chisato Morishima / BuzzFeed

花瓶のみ、素焼きの陶器でできています。

受け皿は、約横120×縦120×高さ17mm、

花瓶部分は、約横80×縦80×高さ140mmです。


さっそく、水を入れて使ってみます!

Chisato Morishima / BuzzFeed

加湿器としての本領を発揮してもらうためには、約100mlの水を入れるだけ。

本当はあと3倍くらい水が入りそうですが、使用方法に従ってみます。

あとは、加湿したい部屋に持っていって、置いておくだけ!


数分経つと、花瓶部分に水が染み込んで、しっとりしてきました。

Chisato Morishima / BuzzFeed

染み込んだ水が自然に気化し、空気に溶け込むことで部屋がじんわり潤うんです!

コンセント要らずで加湿できるの、お手軽でいいな。


さらにしばらく放置していると、下の受け皿に水が溜まっていました!

Chisato Morishima / BuzzFeed

お〜!だからこの受け皿は素焼きじゃないのね〜!

しっかり水分をキャッチしてくれるので、下が水浸しになることはありません。


お花を入れてみるとこんな感じ。水の減るペースがハンパない!!

Chisato Morishima / BuzzFeed

お花が水を吸うのと、気化するのですごいスピードで水がなくなります。

めんどくさいから、満タンに水を入れたくなりますが…

試しにたくさん入れて放置してみたら、受け皿が決壊しそうになりました(笑)

使用量は守った方が良さそうですね。


ズボラな私的には、造花を入れておくのがベストかも。

Chisato Morishima / BuzzFeed

造花なら、水を吸わないし、見た目もバッチリです。

水の交換が面倒な方にはおすすめです。


シンプルなデザインだから、インテリアにもなじみます。家が華やかになった〜!

Chisato Morishima / BuzzFeed

加湿器と花瓶の2WAY、思いついた人天才だわ…。

便利さ ★★★★☆

保湿力 ★★★☆☆

コスパ ★★★★★


コンパクトな加湿器を探している方には、フランフランの「ポシェ 充電式加湿器 フラワー ピンク」がおすすめです!

BuzzFeed

お値段はセール中で2080円。

厚さはありますが、iPhone11より小さいサイズです。

ミニ水筒を持ち運ぶのと同じ感覚。カバンにもすっぽり入ります。


えっ…めちゃくちゃ威力すごいんだけど…?

BuzzFeed

小さいのにすごい蒸気…!!

細かいミストが周りに広がってきます。

蒸気を触ると、ちょっとひんやりしています。


USBで充電し続ければ、水がなくなるまでずっと使えます!

BuzzFeed

フル充電すれば最大4時間使えます!

水が切れたら自動で電源が切れるのもありがたい。

簡単に持ち運びができるから、家でもオフィスでも使えて嬉しい〜◎

便利さ ★★★★★

デザイン ★★★★★

コスパ ★★★☆☆