ダイソーに「上から挿すタイプ」の電動鉛筆削りがありました。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed


これ、個人的にツボなんです。


よく見るのは「ヨコから挿すタイプ」ですよね。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed


でも、これはタテ。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

個人的にこっちのほうが手がラクなんです。

昔はよく売っていたのですが、最近はヨコが主流。

まさかダイソーで330円で出合えるとは…!


コンパクトサイズが嬉しい。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

デザインもシンプルで飽きがこなさそう。


単三電池2本(別売)が必要。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed


鉛筆を差し込むと刃がグルグル回ります。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

少し動きがニブいです。

でも、それが愛らしい。


削りごこちは申し分ありません。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

シャープに仕上がります。

自動ストップ機能はありません。


削りカスの捨て方も簡単。フタを外すだけです。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

手を汚すほうが難しい…。


カラーは2色。

Tomoya Kosugi/BuzzFeed

えんぴつ派にこそ知ってほしい!

便利さ ★★★★☆

デザイン ★★★★☆

コスパ ★★★★☆


セリアにはこんな鉛筆削りが売ってました。

BuzzFeed

「ペットボトル鉛筆削り」、お値段は110円です。

愛嬌のあるネコちゃんが「なんですか?」と言わんばかりの顔でこちらを振り返っていますね。

ずっしり感のあるわがままボディが、なんとも愛おしい…!


おしりを開けるとシャープナーが出てくる、なんとも可愛いデザイン。

BuzzFeed

実際に使ってみたところ、多少の引っかかりは感じましたが、キレイに削れました!


カスは下のケースに溜まるようになっています。ネコ缶のようなデザインが可愛い〜♡

BuzzFeed

削りカスがカツオ節に見えてくる…。ネコちゃんも欲しそうにジッと見つめていますね。

下のケースを外せば、ネコちゃんだけをペットボトルに取り付けることもできますよ!

デザイン ★★★★★

使いやすさ ★★★★☆

コスパ ★★★★★