※記事で紹介した商品を購⼊すると、売上の⼀部がBuzzFeedに還元されることがあります。


「Ankerさん、やっぱりすごいよAnkerさん…!」ってイヤホンです。

Yuya Hayashi / BuzzFeed


こちらAnkerの「Soundcore Liberty Air 2 Pro」という製品。

Yuya Hayashi / BuzzFeed

高低音がしっかり出る満足度のある音質、高いノイズキャンセリング性能というハイクオリティなイヤホンです。

通常1万2980円とただでさえ安いのに、今ならAmazonタイムセールで1万980円に!これは本当にコスパが良すぎる…いまノイキャンイヤホンを買うならコレがオススメです。


気になる音質やノイズキャンセリング性能など“6つ”のポイントに分けて紹介します!

Amazonで詳細をチェックする


【1. 音質】えっ、高級イヤホンじゃん…

Yuya Hayashi / BuzzFeed

みんな気になると思うから、まずは音質について!3日ほど使ってみた感想ですが…


\ レベル高っっっ(2万円級)!! /

Ankerだから「定価1万2980円」に収まってるけど、他のメーカーなら2万円は超えても良いくらいのクオリティに感じました…!


高音は潰れることも少なく、しっかり伸びて聴こえます。高音でお馴染みのクリスタルキング「大都会」を聴いてみましたが果てしなく伸びていました。

低音の方が高音よりも主張が強め。低音のドンシャリ感が高音を押して包み込んでくる感覚があります…この辺りは好みが分かれるところだけど、個人的には◎

低音寄りなことが気になるところですが、音質に関して大きな不満を抱くことは少ないはず!


「わたしは低音が好き、いや僕は高音が…」という方へ!アプリを使って音色を変えられます◎

Yuya Hayashi / BuzzFeed

Anker純正アプリ「Soundcore」のイコライザー機能を使えば、高低音を自分好みに調整可能。

20種類以上のプリセットが用意されていて、ワンタップで音色を切り替えられます。「高音に全振り、低音強め、音声用…」などバリエーションたっぷりなので、たまに設定を変えつつ音楽を楽しめちゃう◎


【2. バッテリー】最大26時間のロングバッテリー…1日中ずっと使えます!

充電端子はUSB-C

イヤホン本体のみの場合7時間、充電ケースも併用すれば最大26時間の使用が可能です(通常モードでの使用時)!

移動時間、作業中など1日中使ってみましたが、バッテリーをあまり気にすることなく使えました。


15分充電で約3時間も使える「短時間充電」や置くだけでいい「ワイヤレス充電」にも対応しているので充電の楽さも◎


【3. ノイキャン】世界が“無”になるレベルの性能…!

Amazon

Anker独自の「ウルトラノイズキャンセリング」の性能がすごい…!

電車、バス、カフェなどのシーンで使ってみましたが、周りが雑音が見事に軽減されました!


Apple「AirPods Pro」と比較すると、少々劣る気がしますが、電車の中などで使うとノイキャン効果をしっかり実感できます。

カフェなど静かな場所で使えば、ほぼ無音になるし…充分すぎる。


それに、地味にポイントが高かったのが「外部音取り込みモード」。

この機能、片耳イヤホンにして使うときなどに助かるのですが、イヤホンをしたまま話しても自分の声がスッキリと聞こえて使いやすい!

他の多くの機種だと声が詰まったように聞こえて使いにくい…ということが多いので、これはありがたいです。


【4. フィット感】特に工夫はないけど、意外と落ちてきませんでした。

Yuya Hayashi / BuzzFeed

イヤーチップは9種類も用意されているから、自分の耳の形に合うチップを見つけ出せるはず。

少し安っぽい素材感ですが、耳にピッタリはまってくれました。

軽く走ったりなどの運動でも使ってみましたが、落ちることも少なかったです◎


【5. デザイン】高級感と安っぽさが混在…ここは約1万円って感じだ。

スライド式で開けられるギミックがカッコいい

ケースには高級感があります。紙のような表面加工がされていて、手触りも良くポイントが高い!

ただ、内側はテカテカのプラスチックで開けると残念な見た目です。コスト削減の関係などあるのかもしれないけど、所有欲は満たされ難い…。


基本的に「音質はそのままに、コストが掛かるところを削って作りました!」という印象を受けます。

まぁ、イヤホンのデザイン性にこだわりが無いなら特に問題なしです。


Yuya Hayashi / BuzzFeed

イヤホンは細長で耳に入れると、結構存在感がある…!

特に不便を感じることはありませんが、見た目のデザインが微妙かな…イヤホン自体もプラスチック感が強くて安っぽいです。

側面にロゴがプリントされていて丸見えなのも少し恥ずかしいし、この辺りは改善を期待したいところ…。


【6. サイズ】コンパクトで持ち運びがすっごく楽!

Yuya Hayashi / BuzzFeed

イヤホンを選ぶ上で重要にしているのが“コンパクトさ”ですが、これは十分小さい!

重量は62g。本体サイズは6.18 × 5.95 × 2.97cmほど。


厚みもほどほどなので、小さめのサコッシュにもスッポリ。

Yuya Hayashi / BuzzFeed

丸みを帯びた形状ということもあって、ポケットやバッグに入れていても邪魔になりにくいです。


「Ankerってやっぱりすごいんだ…」って再確認させられたよ。

Yuya Hayashi / BuzzFeed

所々、安っぽいところがあるのが難点だけど、音質などのクオリティ自体は高い!

操作性やマイク性能なども問題ないし、1万円クラスのノイキャンイヤホンでは間違いなくトップレベル…!


安くてノイズキャンセリングがしっかりしているイヤホンならAnkerの「Soundcore Liberty Air 2 Pro」がオススメです。ぜひ、チェックしてみてください。

コンパクト★★★★☆

デザイン★★★☆☆

音質 ★★★★☆

コスパ ★★★★★

Amazonで詳細をチェックする


その他のAnkerおすすめ製品もチェックする

BuzzFeed


※記事で紹介した商品を購⼊すると、売上の⼀部がBuzzFeedに還元されることがあります。