在宅ワークが基本になり、コーヒーを淹れる頻度が増えました。そのとき、とっても重宝しているアイテムがあります。

Kensuke Seya / BuzzFeed


それが、HARIO(ハリオ)の「V60ドリップスケール」です。コーヒー好きの複数の友人が持っていたので買ったところ、大正解でした。楽天市場で3467円でした。

Kensuke Seya / BuzzFeed


左側がタイマーになっていて、右側で重さが測れます。蒸らし時間と抽出時間をタイマーで計測し、抽出量も同時に管理できるので、いつでも安定したコーヒーの味が味わえるのです。

Kensuke Seya / BuzzFeed


ドリップスケールを使って、私なりのやり方でコーヒーを淹れてみます。

Kensuke Seya / BuzzFeed


まずコーヒーサーバーにお湯を注ぎます。

Kensuke Seya / BuzzFeed


十分に温めてから、フィルターにもお湯を注いで湿らせます。ここまでしたら、ケトルにお湯を戻しておきます。

Kensuke Seya / BuzzFeed


ここでドリップスケールの登場です。コーヒーサーバーやドリッパーを載せてから、右端にある「ON/OFF TARE」を押して電源を入れます。

Kensuke Seya / BuzzFeed


お好みの量のコーヒーの粉をフィルターに入れます。

Kensuke Seya / BuzzFeed


今回は30gにしました。重さをリセットするため、もう一度「ON/OFF TARE」を押します。

Kensuke Seya / BuzzFeed


粉を平たくしてから

Kensuke Seya / BuzzFeed


お湯を左端にある「START STOP」を押します。

Kensuke Seya / BuzzFeed


すると、時間の計測が始まります。ここからが勝負です。

Kensuke Seya / BuzzFeed


お湯をそっと注いでいきます。

Kensuke Seya / BuzzFeed


決めた量のお湯を注ぎ終わったら、私はその都度、「ON/OFF TARE」を押してリセットしています。そして、累計時間を確認しながら、お湯を追加で注いでいます。

Kensuke Seya / BuzzFeed


5回に分けてお湯を注いであげたら完成です。

Kensuke Seya / BuzzFeed


この時間になったら、この量のお湯を注ぐと決めていたら、毎回安定した味のコーヒーが楽しめるのです。ドリップスケールを買ってから、よりおいしくなりました。

Kensuke Seya / BuzzFeed


ネットで調べると、コーヒーの淹れ方は、プロでも人によって全然違うので、自分好みの淹れ方をこれからも探究したくなります。自分で淹れたコーヒーは格別ですよ。

Kensuke Seya / BuzzFeed