Xiaomi(シャオミ)のスマホ、人生初ですが…めちゃ良いですね!

BuzzFeed

割と保守的な考えのわたし、これまでスマホはiPhoneやGoogle pixelなどしか使ってきませんでした。

今回、初めてシャオミのSIMフリーのスマホを使ってみたんですが、正直めちゃくちゃ良かったです。同程度の機能を搭載していても、iPhoneなどに比べると価格が安くコスパも良い!

今回紹介する「Xiaomi 11 T Pro」は8GB + 128GB、有機ELディスプレイに、おサイフケータイ、Dolby Vision および Dolby Atmosにも対応したハイエンドモデルです。


Amazonでの価格は通常6万9800円ですが、今ならタイムセールで6万2820円に!



Androidスマホユーザーなら、データ移行はめちゃくちゃスムーズ!

BuzzFeed

電源を入れてから約15分後には、元々使っていたスマホのデータがまるっと移行されています。  

連絡先などの基本的なデータだけじゃなくて、写真や動画のデータも簡単に移行できるのは本当に楽。画面に表示されるガイダンスに従うだけなので、ITリテラシー低めの私でも、迷わずデータ移行できました。


同じ写真データなのに、端末が違うと見え方がこんなに変わるなんて…!

BuzzFeed

今回Google pixel3aからデータ移行しましたが、画面の綺麗さが全然違って驚きました。


120Wの高速充電が可能。なんと約17分で100%充電できちゃいます!

BuzzFeed

バッテリー容量はたっぷり5000mAhあってこの速さ。慣れちゃうともう、これまでのスマホが使えなくなる…!


6.67インチの有機EDディスプレイ搭載。

BuzzFeed

左から「Xiaomi 11 T Pro」「iPhone 13」や「iPhone SE」です。iPhoneに比べると一回り大きめの印象。本体重量も204gあって一般的なスマホに比べると少し重い感じです。


後ろについている「リアカメラ」はなんとトリプル!1億800万画素+800万画素+500万画素の3つのカメラがついています

BuzzFeed


広角カメラから10倍の超アップまで。自在に調整できます。

BuzzFeed

ちなみに、自撮りに役立つ「インカメラ」の画素数は1600万画素!毛穴まで見えちゃうレベルでちょっとびっくりします。


正直使いこなせないほどの充実っぷり!プロ並みの特殊加工やクリエイティブな加工が簡単にできちゃいます。

BuzzFeed

動画の撮影や編集をしたいというニーズにもしっかり対応できます。


ディスプレイがきれいで音も良いから動画見るのが楽しい!!

BuzzFeed

Dolby Vision および Dolby Atmosを搭載しており、動画作成者が意図した通りの色彩やサウンドを再現してくれます。

ディスプレイの明るさは周囲の環境に応じて変わるので、暗い場所でも自然な明るさで映像を楽しめます。

本体には2つのスピーカーが搭載されていて、360°サラウンドサウンドを実現します。


カメラや動画など、よく使う機能が充実してる大満足の一台です。

BuzzFeed

気になったのは、iPhoneと比べてサイズが大きく、やや重いこと。あと、Apple製品に比べるとアクセサリーの数が少ないので、そこがちょっと寂しいかも。

本体カラーは今回紹介したグレーのほかホワイト、ブルーもあります。

画面の綺麗さやカメラ機能などは、まさに最先端。最新の機能をコスパよく使いこなしたいならおすすめの一台です。

Amazonで詳細をチェックする

画面の綺麗さ ★★★★★

コスパ ★★★★☆

カメラ機能 ★★★★★



スマホスタンドには「MOFT」がおすすめです。

Amazon

使いたいときだけ開いて、終わったらサッと折り畳めばコンパクト。

重さはわずか28.35g、薄さは5mmです。スマホスタンドだけでなく、カードを3枚まで収納できるカードケース付きです。

Amazonで詳細をチェックする

便利さ★★★★☆

大人っぽさ ★★★★☆

コスパ ★★★★☆