お盆の時期にナスやキュウリで作る「精霊馬」がカッコいいバイクや車だったら…!?

本田技研工業の公式Twitterアカウントが披露した「HONDA式・精霊馬」が話題を呼んでいます。

今日は #迎え盆 。「#精霊馬」を作ってみました!行きはご先祖様を速くお迎えできるよう、爽快な走りの #CIVIC を帰りはのんびりと景色を楽しめるように、寄り道しても給油の心配が少ない #スーパーカブ をチョイス#お盆

— Honda 本田技研工業(株) (@HondaJP)

精霊馬とは、先祖の霊があの世から家に帰ってくる際の乗り物として、お盆の時期にお供えされるもの。キュウリを馬、ナスを牛に見立てて作られています。

キュウリの緑色がまぶしいのはホンダを代表する車「シビック」。上部にはナスの皮がふんわりかぶせられ、シビックのボディを再現しています。

ナスで作られたバイク「スーパーカブ」は、車輪の部分は輪切り!ミラーや座席なども細かいですね…。

行きはシビックで「ご先祖様を速くお迎え」し、帰りは「のんびりと景色を楽しめる」ようにスーパーカブなんだとか。

CIVICとスーパーカブの精霊馬皆さんのお気に入りはどちらですか?ぜひコメントで教えてください

— Honda 本田技研工業(株) (@HondaJP)

普通「お盆の馬」と言えば、野菜そのままに割り箸をさした簡素なやつなのに…!バイクや車だとご先祖様も乗り心地がよさそうです

Sand555 / Getty Images/iStockphoto


リプライでは、「ご先祖様、全力でドライブ楽しめそう」「これがホンダの技術力」「迎える先祖が多いので、来年はステップワゴンでお願いします」「4年前に他界した母、ペーパードライバーだったから、大丈夫かな〜」などの反響が寄せられています。

Takashi Aoyama / Getty Images

2015年「東京モーターショー」で展示されたスーパーカブのコンセプトモデル


車やバイクが好きだった故人のため、同じような乗り物風の精霊馬を作った方もちらほら。

「移動する喜び」お盆スペシャル2015。往路はホンダジェット、復路はガスボンベ耕運機のピアンタ(除草アタッチメントつき)。帰りがけに庭をきれいにしてもらう予定! #精霊馬 #お盆 #ホンダジェット #ピアンタ #移動する喜び

— ほのか (@honoka224)

@HondaJP さすがプロのクオリティは違いますね。こちらは母が今年亡くなった父の初盆に、父の愛車を模して作った物です。普通のセダンだったはずだけど、、。後部座席には祖父祖母を乗せるそうです。

— miki (@miki0304)

生前に好きだったものを思い出しながら、工夫を凝らして作るのも楽しそうです。 来年はまねしてみようかな〜!