「最高に自分らしいスタイルで観られて幸せでした」

レディー・ガガのライブに車椅子で参加した女性のメイクやファッションが「めちゃくちゃかっこいいい!!」「とても素敵です!」を話題を呼んでいます。

さしみちゃんさんのTwitterより / Via Twitter: @misamisaxxx


このゴージャスさ、めっちゃガガ様だ〜〜!!!

さしみちゃんさんのTwitterより / Via Twitter: @misamisaxxx


投稿者は「車椅子ギャル」を名乗るさしみちゃんさん。YouTubeチャンネルで生活や旅行、ファッションやメイクなど車椅子のリアルを発信しています

大好きなレディー・ガガのライブに込めたこだわりを聞きました。

ガガ様のライブに行ってきました。身体ガチャ失敗とか言って笑ってるけど、正直生まれてからずっとこの身体を背負って生きていくことに絶望するときは何度だってある。でもガガ様のBorn this way に何度だって助けられたから、そんな極を大好きな友達たちと最高に自分らしいスタイルで観れて幸せでした

— 車椅子ギャルさしみちゃん (@misamisaxxx)

ファッションテーマは「ピンクモンスター」

さしみちゃんさんが赴いたのは、8年ぶりのレディー・ガガの来日公演。

ベルーナドーム(西武ドーム)で9月3・4日に開催されました。

今回、一緒にライブに参加する友人たちと決めたテーマは「ピンクモンスター」。それぞれ個性的なモンスターたち、並ぶとかわいいっ!

さしみちゃんさんのTwitterより / Via Twitter: @misamisaxxx


さしみちゃんさんが特に気に入っているのは目元のメイクだそう。キラキラのラインストーンが印象的!

マスクもこの日のためにデコレーションしたそうです。

YouTube「脊損ギャルさしみちゃん」より / Via youtube.com


メイクは「Stupid Love」のガガ様のメイクを意識。ブロンドの地毛を生かして同じ色のエクステをつけ、華やかなツインテールに仕上げました。

youtube.com


障害者について触れてくれた、思い出の曲

さしみちゃんさんがレディー・ガガを好きになったのは中学生の頃。

「魅力は……もう全てです。ファッションも人柄も完璧ですし、マイノリティのために先陣を切って戦っている姿もかっこよくて大好きです」

大事な曲はツイートで触れていたとおり、「やっぱり『Born this way』ですね」。

身体ガチャ失敗とか言って笑ってるけど、正直生まれてからずっと、この身体を背負って生きていくことに絶望するときは何度だってある。でもガガ様のBorn this way に何度だって助けられたから

「歌詞の中に障害者という言葉が入っていることに驚いたのと、救われました。マイノリティの中でLGBTQを歌う曲はあっても、障害者について触れている曲は少ないので」

youtube.com

歌詞の中に「Whether life’s disabilities」(たとえ人生に障害があっても)という一節があります


ライブを満喫したさしみちゃんさんですが、「車椅子でライブに行くのは基本的にものすごく大変です」と話します。

さしみちゃんさんのTwitterより / Via Twitter: @misamisaxxx


「まず事前連絡をしないといけないのですが、その連絡先からして不明瞭なことが多いんです。電話番号なのかメールアドレスなのか……窓口が明記してあると、本当に助かります」

「あとは、当日会場で、スタッフさんの末端までしっかり話が通っていたときの安心感はものすごいです。当日誰に声をかけたらいいか分からず右往左往することも多々あるので」

車椅子席の連絡を事前にさせていただいて参戦したんだけど、スタジアム入り口に車椅子の方はこちら的な看板があってとってもわかりやすくて、しかもスロープがついている台が用意されていて本当に感動した…!安心安全で心からライブを楽しめました。運営さんありがとうございます。@GAGAJAPAN

— 車椅子ギャルさしみちゃん (@misamisaxxx)

今回のライブでは、会場でもきちんと案内があり、見やすい席で安心して参加できたとのこと。

ガガ様がすべての人々を大切にしているからこそなのかも!