ジャングルジムを買ってほしい、と意外な方法でアピールする子どもが「かわいい」と話題になっています。

どんな行動をとったかというと…ロボ太さん(@kaityo256)がTwitterに投稿した写真をご覧ください。

ロボ太 / Via Twitter: @kaityo256


写真に写っているのは、冷蔵庫に貼ってあるホワイトボードです。

ロボ太さんの家では、切れた調味料やティッシュペーパーといった、買いたいものを忘れないようにメモしておく場所です。

小学校1年生の娘さんは、「どうやら冷蔵庫に貼ってあるホワイトボードに書かれた品物が購入対象になるらしい」と気がついたみたいです…!

ひっそりと、「じゃんぐるじむ」という書き込みがありました。

ツイートには2.7万リツイート、14.7万いいねをされ、「かわいい」とのコメントがたくさん寄せられています。

なお、右下のくまさんはロボ太さんが描いたものです!

家の中にこっそりメッセージを残す娘

「娘はアウトドア派で、公園の遊具やアスレチックが大好きなのですが、昨今の事情であまり外に連れ出せないのがかわいそうです。そういう気持ちが『ジャングルジム欲しい』につながったのかもしれません」

書き込みを最初に見つけたのはロボ太さんの妻でした。

「ねぇ、これかわいくない?」との呼びかけでホワイトボードを目にし、ロボ太さんも気持ちがほっこりしたそうです。

娘さんはこれまでにも、サンタへの手紙を窓に貼ったり、ロボ太さんへの手紙を壁に貼り付けたりと、家のどこかにこっそりとメッセージを残すことがよくあったといいます。

ですが、「こういう『かわいい』行動について反応すると、娘が『子ども扱いした』とむくれる」ため、ホワイトボードには気づかないふりをしているといいます。

娘さんも特に反応せず、いつも通りに過ごしているといいますが…

「この前アスレチックに連れて行ったら大喜びしていたので、また機会を見て連れ出してあげたいと思います」