©ABCテレビ / Via abc-magazine.asahi.co.jp

急増しているホストクラブの「売掛」こと「ツケ払い」によるトラブル。

「悪質なホストクラブの取り締まりを強化したい」と警視庁は考え、国会でもこの問題が議論となっている。客が高額の売掛金を背負う背景とは?  情報バラエティ番組『教えて!ニュースライブ 正義のミカタ』 (ABCテレビ)11月25日放送回では、ホストクラブに詳しいライターが解説した。

©ABCテレビ / Via abc-magazine.asahi.co.jp

ホストクラブに詳しい現役大学生ライター・佐々木チワワ氏によると、「ホストクラブでは売掛での飲食が一般化している」「客の半数は売掛を利用している」とのこと。では、なぜ売掛が常態化するのか? それには、好きなホストを応援したい客の心理が関係している。

©ABCテレビ / Via abc-magazine.asahi.co.jp

売掛が蔓延する理由

佐々木氏いわく、客側には「売掛を払うまでホストとの関係が続くから嬉しい」「売掛があれば働く意欲が沸く」といった思いがあるという。一方のホストには、「今月はあと少しでランキング1位になれる。とりあえず(客には)売掛してもらって売り上げを上げよう」という思いがあるのだとか。

©ABCテレビ / Via abc-magazine.asahi.co.jp

ホストクラブで客に金を使わせる仕掛けはたくさんある。その日の売り上げが一番多かったホストが営業時間の最後に歌う「ラストソング」、高額シャンパンを注文した客向けの「シャンパンコール」、営業終了後にホストと客が店の外で会う「アフター」、使った金額のアピールになる酒のボトル「飾りボトル」……。

客のプライドや承認欲求を絶妙に突いて、結果的に売掛が増えるシステムとなっているのだ。

ちなみに、客が高額な売掛を払えない場合に、本人の意思にかかわらずホストが売春を強制させるケースがある。そんな悪質なホストがいる一方で、「売掛があるけど払わないで逃げよう」と考える悪質な客も存在する。その場合はホストが売掛金を負担することになり、借金を返そうとホストが詐欺といった犯罪に手を染めるケースがある。

©ABCテレビ / Via abc-magazine.asahi.co.jp

被害者を増やさないためにも、佐々木氏は「売掛を安易に勧める店(経営者)を悪質店とみなして取り締まることで、ある程度は健全化されるのではないか」と私見を述べた。とはいえ、政府が規制するにはかなり難しい問題である……。

悪質なホストクラブの問題が紹介された 情報バラエティ番組『教えて!ニュースライブ 正義のミカタ』 11月25日放送回は、動画配信サービスTVerで無料配信中。ほかにも同放送回では、NTT法の改正や池田大作氏の死の影響についても学べる。

👉 TVerで今すぐ観る

※本記事は朝日放送テレビ株式会社が運営する『 ABCマガジン 』の記事を再構成して配信しています。

©ABCテレビ / Via abc-magazine.asahi.co.jp