松屋の前を通りがかると、なにやら「キムチ」の文字が。

Tomoya Kosugi / BuzzFeed

キムチの新メニュー始めたのかな?


気になったのは上の「焼キムチ牛めし」。

Tomoya Kosugi / BuzzFeed

牛めしにトッピングでキムチ頼むのとどれくらい違うんだろう…?


というわけで、豚汁半熟玉子セット(730円)を注文。

Tomoya Kosugi / BuzzFeed

松屋の豚汁も初体験です。ワクワク。


まばらな大きさのキムチがたくさん散りばめられています。

Tomoya Kosugi / BuzzFeed

お肉のボリュームも、通常の牛めしと変わらないくらいで嬉しい。

それでは早速、いただきます!


温まったキムチ。これが、クタクタとシャキシャキの中間くらいの食感でなんともウマい!

Tomoya Kosugi / BuzzFeed

以前にも焼キムチを食べたことはありましたが、これはとびきり美味しい!

漬物としてのシャキッと感は残しながらも、口の中で馴染みの良いクタっと感がプラスされています。

また、熱が入ることで酸味・辛味がマイルドになっている印象も受けました。


「これ、キムチだけの旨味じゃないぞ…?」と思い、公式サイトを見てみると、「コチュジャンベースのタッカルビダレ」を使用しているとのこと。なるほど、そりゃあウマいわ。

Tomoya Kosugi / BuzzFeed

キムチの味よりも、コクのある甘みが味の背骨になっています。これはもう、白米を食べることに特化した味と言えますね。

そして、ネギを少し焦がしたような香ばしさも感じます。素晴らしい。

全体的に、辛さは大したことがありません。


半分食べ終えたところで、卵黄を開放。

Tomoya Kosugi / BuzzFeed

とろ〜り♡

牛めしよりも味が濃い分、卵黄のありがたみが一層感じられました。

そして…


驚いたのが、初体験の豚汁。

Tomoya Kosugi / BuzzFeed


ひとくち飲んで…


「メインの牛丼と同じくらい気合入ってるやん!」と心で絶叫してしまいました。

Tomoya Kosugi / BuzzFeed

え、こんなに美味しかったの!?

と思ってスマホを開いたところ、先日リニューアルしたばかりだそうです。


脂が多めに浮いていて、こっくりとした味わい。

Tomoya Kosugi / BuzzFeed

この濃厚さに、ひとくち目からニンマリしてしまいました。

そして、ちゃんと“しょっぱい”のが嬉しい。豚汁とライスだけでご馳走になりそう。


野菜がまばらにカットされていて、手作り感を感じます。

Tomoya Kosugi / BuzzFeed

牛丼チェーン店にいることを忘れそうになりました。

そう、


具材の大きさ、種類がもはや「町内会の炊き出し」レベル。

Tomoya Kosugi / BuzzFeed

レンコン、そして里芋まで入っていました。

嬉しかったのが、豆腐が絹ごしであったこと。ツルッと食べられて美味しい〜!


そして、デカい。

Tomoya Kosugi / BuzzFeed

牛丼とほぼ同じサイズ。

いつも大盛り牛めしを食べる私ですが、豚汁がこのサイズなので並盛りでお腹がパンパンになりました。


わざわざセット販売している意味がわかる、相性の良さにも脱帽。

Tomoya Kosugi / BuzzFeed

キムチ味に口が飽きたら、こっくり豚汁を投入。

この往復のたびに「合うわ〜〜〜〜」と声が漏れるほどでした。


大満足で退店。

Tomoya Kosugi / BuzzFeed

焼キムチはもちろん、豚汁のウマさを知れたことが大きい…!また食べにこよう!

味 ★★★★★

辛さ ★★★☆☆

ボリューム ★★★★☆

コスパ ★★★★☆


サイゼリヤの「スープ入り塩味ボンゴレ」も美味しいんですよ。

BuzzFeed

価格は税込500円。

「え?500円でいいの?」と心配になるようなアサリ量です。


アサリの出汁がだっくだくに効いている…幸せ…

BuzzFeed

塩味は控えめで、やさし〜い味。

でもアサリの旨味が濃厚なので、ひとくちの満足度がすごいです。


アサリの旨味をまとったパスタがまたウマい!

BuzzFeed

でも、後半になってくると物足りなくなってきました。すごく控えめな味なので。

そんな時は、


調味用コーナーの海塩を入れるのが◎

BuzzFeed

このお塩、かなり塩味が強いので慎重に入れたほうが良さそう。

500円でこの満足度とは…さすがサイゼリヤさんです!

味 ★★★★☆

アサリの量 ★★★★★

ボリューム ★★★★☆

リピート ★★★★☆