アメリカ在住の カミ さんが投稿した、音楽フェスティバルでの"ある出来事"がTikTokで話題になりました。動画は590万回以上再生され、76万いいねを集めています。

Cami / Via tiktok.com

ラスベガスで開催された音楽フェスティバル「ウェン・ウィー・ワー・ヤング(When We Were Young)」に参加したカミさんは、会場の救護所テントの外で待つ自分の姿を 撮影 し、TikTokに投稿しました。

@camisplaylist via TikTok / Via tiktok.com

バズフィードは、動画を投稿したカミさんに話を聞きました🎤

Cami

ベナドリル(抗ヒスタミン剤)と他の2種類の薬も処方してくれたと、カミさんは説明します。

Cami

「フェスの一般入場券の価格は200ドル(約3万円)からでした。私たちは待ち時間に、Blink-182も聴くことができましたよ」

Cami

ブラジル出身のカミさんはアメリカの医療制度について、他の友人の体験談も交えながら、こう振り返ります。

Prapass Pulsub / Getty Images

「私の友達はニューヨークで交通事故に遭い、救急車を呼び、傷口を縫合する手当てを受ける必要がありました。治療にかかった費用は、合計で7万9000ドル(現在のレートでは約1196万円)でした」

Cami

カミさんの動画には多くのコメントが集まりました。

💬「悲しい話だ…。医療は最低限必要なことだよ」

@arieshaydenn2.0 / Via tiktok.com

💬「これは今まで聞いた中でも、一番憂鬱になる話だ」

@jonathanperez / Via tiktok.com

💬「わかる。私も吸入器を無料で補充してもらったことがある」

@hanallet / Via tiktok.com

この記事は 英語 から翻訳・編集しました。翻訳:大久保 拓哉