カナダでは9月20日、連邦下院議会の総選挙の投開票が行われました。

Andrej Ivanov / AFP via Getty Images


結果は、与党・自由党の勝利。ジャスティン・トルドー首相の続投が決まりました。

Nurphoto / NurPhoto via Getty Images


トルドー首相は選挙期間中、

Andrej Ivanov / AFP via Getty Images


積極的にキャンペーン活動をしていました。

Andrej Ivanov / AFP via Getty Images


その一環で行ったスピーチにて、ちょっとした事件が起きます。


「LGBTQ2+や子どもの権利のため立ち上がったことに、絶対に謝罪などしない」と言いたかったみたいなのですが……「LGBTQ2+」がなかなか言えない

im fucking crying

— aya (@digitalmoons)

1回目、

CPAC


あっ、噛んじゃったけど大丈夫…!2回目、

CPAC


不穏な空気が漂い始める。3回目、

CPAC

ここで「ハァ〜」ってため息ついちゃってます。


4度目の正直〜〜!言えた〜〜!!

CPAC

ちなみにLGBTQ2+とは…

L:レズビアン

G:ゲイ

B:バイセクシュアル

T:トランスジェンダー

Q:クィア/クエスチョン

2:トゥー・スピリット(主にカナダや北アメリカの先住民たちの間で認識されれてきた「第三の性」。男性と女性の魂が同時に内在していると感じる人々の性自認として使われる)



カミカミトルドー首相、もちろんSNSで話題になりました。「LGBTQ2+って言おうと頑張るトルドーさん、めちゃ人間みあるなwww」

this video of Trudeau trying to say LGBTQ2+ is so human..

— the Agenda (@ersean)

「新しいiPhoneはiPhone LGBTQ2+で」

getting the new iphone the lgbtq2+

— lauren yap (@itslaurenyap)

「LGDP-LGT-LBG-LGBTQ2+コミュニティーの一員として誇りに思うよ❤️」

so proud to be a part of LGDP-LGT-LBG-LGBTQ2+ community ❤️ september the new pride for us now https://t.co/wifoq3SxYr

— satyam (taylor’s version) (@sxtyxms)

「トルドー首相の勝因は、LGDP-LGT-LBG-LGBTQ2+コミュニティーからの揺るぎないサポートだね」

Justin Trudeau re-elected thanks to his unwavering support from the LGDP-LGT-LBG-LGBTQ2+ community

— Milly (@HipsterMG)

この記事は英語から翻訳・編集しました。翻訳:髙橋李佳子