愛猫が糖尿病になってしまった……。そんな飼い主さんに知ってほしい、インスリン治療や食事療法の基本について解説します。意外とわかりにくい療法食の特徴や正しい与え方についてもご紹介。糖尿病と上手に付き合っていく方法を見つけましょう。

「猫の糖尿病」ってどんな病気?


糖尿病とは、血液中の糖が多くなる病気です。本来、ホルモンの一種であるインスリンがすい臓から分泌され、血液中の糖を細胞内に取り入れていきます。しかし糖尿病の場合、このインスリンの働きが弱まったり、うまく分泌されないなどにより、糖が血液中にたくさん残った状態になります。これが「高血糖」の状態です。この状態がつづくと、血液中に残った大量の糖が血液をろ過した老廃物である尿の中にも含まれるようになります。これを「尿糖」といいます。

猫の糖尿病〜症状〜


糖尿病が疑われる症状は以下の通りです。

・水を大量に飲む
・おしっこの量や回数が増える
・食べる量が増えたにも関わらず、体重が減少する
・腹部がふくれる(肝臓)
・白内障

猫の糖尿病の初期の症状としては「多飲・多尿」が多くみられます。そして高血糖の状態がつづくと体重減少や合併症を引き起こし、最悪の場合命に関わることもあります。

こんな症状にも注意!〜糖尿病性ケトアシドーシス〜

猫も人も、ふだんは糖からエネルギーを生成しますが、インスリンの働きが悪く糖からエネルギーを生成できないときは、脂肪からエネルギーを作ることになります。そのときに発生するのが「ケトン体」と呼ばれる物質です。
このケトン体が体内に増えると、「糖尿病性ケトアシドーシス」という状態になり、食欲減退や元気消失、嘔吐などの症状がみられることがあります。また、症状がさらに進行すると、ぐったりして起き上がれない、意識の喪失、さらには血圧が低下してショック状態になるなど、命に関わる危険な状態に陥ってしまい緊急治療が必要となります。

糖尿病の主な原因


・早食いやドカ食い
・年齢
・ストレス
・基礎疾患
・投薬
・肥満
・品種・遺伝

愛猫に早食いのクセがある場合は、お皿やフードの形状を工夫するなどして早食いをさせないように工夫しましょう。高繊維食などに変えると腹もちがよくなり、ドカ食いを緩和できるかもしれません。また、人と同じく肥満も糖尿病に大きく影響します。とくに高齢猫の肥満には気をつけましょう。

猫の糖尿病〜治療法〜


まずは体への糖の吸収を助けることにより症状の改善を目標とし、治療を開始します。具体的な治療方法として、インスリンの投与、フードを療法食に変えるなどの食餌療法、運動療法などがあり、猫の症状に応じて治療を行います。

自宅でのインスリン注射

インスリンは猫の皮下に注射します。このとき、同じ部位に注射しつづけると、皮膚が硬くなり効果がでなくなる場合があるので注意が必要です。また、インスリンを注射しているにも関わらず血糖値が安定しないときは、基礎疾患があったり、注射がうまくいっていない可能性があります。かかりつけの獣医師に相談して基礎疾患の治療も行い、慣れるまでは周辺の毛をカットして見やすくしたりするのも一つの手です。

治療中の低血糖症に注意

糖尿病の治療中に一番注意したいのが、低血糖症。これは糖尿病とは逆に、血糖値が低下して引き起こされる病気です。実は糖尿病の高血糖時よりはるかに命に関わる危険が大きいため、対処が遅れると死亡につながる恐れもあります。「インスリンを間違えて過剰に投与した」「インスリン注射後、ふだんと様子が違う」など気になることがあれば、かかりつけの病院に電話するなど適切に対処しましょう。

療法食とは?


糖尿病の療法食では、食後の血糖値の急上昇を抑える工夫がされています。一般的に、食物繊維を増量することにより糖の吸収を穏やかにし、満腹感を与え体重を落とすものや、高タンパク低炭水化物で食後の血糖値の上昇を緩やかにして、すい臓に負荷をかけない(インスリン必要量を減らす)といったものがあります。

療法食の選び方

療法食は「以前処方されたから」などという理由で、自由に選んではいけません。“◯◯に配慮”という機能性特化のフードもありますが、これらは基本的に健康な猫を対象としています。獣医師指導のもと、病状の変化に適宜対応しながら正しい食事を選びましょう。

猫の治療に参加する意識を持つ


療法食を処方されるということは、飼い主さん自身が治療の一部に参加するということ。生きていくうえで必要不可欠な食事は病気とも深く関わっており、食事管理において、飼い主さんは量・バランスなどをコントロールする重要な役割を担うということになります。猫によっては療法食を嫌がる子もいますが、焦らず時間をかけてゆっくりと切り替えることで、徐々に慣れさせてあげましょう。また、日々猫が食べた時間や量を記録して把握しておくことも大切です。

参考/「ねこのきもち」『愛猫の栄養学辞典』
   「ねこのきもち」WEB MAGAZINE『猫の糖尿病〜原因と対策・食事療法』
監修/ねこのきもち相談室獣医師
文/takemori.m
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。