大好きな猫のために、なにかできることをしたい——Instagramユーザーの@yunyun.yanyan2020さんは、「里親になることで救える猫がいるはず」と思い、2匹の保護子猫を家族に迎えました。
愛猫・ユンユンくん(♂・0才)とヤンヤンくん(♂・0才)と家族になって約4カ月程が経過しますが、2匹と過ごす毎日はとても充実し、幸せであふれているそうです。
そこでねこのきもちWEB MAGAZINEでは、ユンユンくん・ヤンヤンくんとの出会いの経緯や今の暮らしについて、飼い主さんにお話を伺いました。

2匹は、河川敷で保護された兄弟猫だった


社会人生活に慣れてきた頃に、実家を離れ一人暮らしをすることになった飼い主さん。長年猫を飼っていたこともあり、「大好きな猫と暮らしたい」と、ペット可の物件を探して新生活をスタートさせたのだそう。
「保護猫を家族に迎えよう」と考えていた飼い主さんは、いつもチェックしていたTNR活動をしている方のブログで、キジトラの男のコ・ユンユンくんの里親募集をしていることを知ります。すぐにその方に連絡を取り、実際に会いに行くことにしたのだそう。
河川敷で保護されたというユンユンくん。飼い主さんは、小さなユンユンくんに会ったときに引き込まれてしまったそうですが、このときほかにも気になることがあったといいます。

飼い主さん:
「この日、一緒に保護されたユンユンの兄弟猫が3匹いました。その中に、奥のほうでじっとしている人馴れをしていないとても小柄なコがいて。そのコがヤンヤンでした。『ヤンヤンがひとりぼっちになってしまったら…』と考えると、とてもやるせない気持ちになり、『兄弟一緒なら一生安心だろう』と、ユンユンとヤンヤンを家族に迎えたいと思ったんです」
「まだトライアルすら決まってなかったのですが、すでにこのときに『絶対、このコたちを一生守ってあげよう』と決意していました(笑) 彼らはもともと野良なのか、捨て猫なのかは定かではありませんが、出会ったのが11月中旬。本格的に寒くなる季節だったので、本当に保護されてよかったです」

そしてこのあと、トライアル期間を経て、飼い主さんはユンユンくん・ヤンヤンくんと正式に家族になることができたのでした。

「2匹一緒に引き取ってよかったな」と思う日々

人見知りせず、好奇心旺盛でやんちゃだというユンユンくん。垂れ目でちょっと困り顔なところや、緑色の瞳がチャームポイントなのだそう。
一方のヤンヤンくんは、まだ臆病なところはあるけれど、 飼い主さんや知っている人にはべたべたな甘えん坊さんなのだとか。猫なのに犬のように「取ってこい!」遊びができる、賢い一面もあるようです。
2匹は性格は違うけれどとても仲良しで、遊ぶときも寝るときも、イタズラするときも、いつも一緒なのだそう。ふざけあって取っ組み合いをしたり、猫同士のおもしろ可愛い絡み合いをしたり、飼い主さんはそんな2匹の姿を見て「多頭飼いの魅力」を感じているといいます。また、ユンユンくん・ヤンヤンくんの姿を見て、こんなことを思うそうです。

飼い主さん:
「迎え入れてから、ユンユンはもとより、ヤンヤンもだいぶ人慣れしてくれました。はじめは人間が怖いのか、ビクビクしていつも固まっていましたが、今では部屋の中で自由に遊びまわっています。兄弟のユンユンと一緒にいられたから、ヤンヤンもここまで明るい性格になれたのかなと思うと、2匹引き取ってよかったなと思います。ちなみに、どちらがお兄ちゃんかはわかりませんが、ユンユンがお兄ちゃんということにしています!」

「守るべき大切なもの」ができて幸せ


ユンユンくん・ヤンヤンくんを家族に迎え入れて約4カ月。飼い主さんは、一人暮らしというより3人暮らしをしているような感覚で、賑やかで楽しい日々を過ごせているといいます。
仕事の昼休憩に、ユンユンくん・ヤンヤンくんに癒されに自宅に戻ってしまうほど、2匹は飼い主さんにとってかけがえのない存在となっているようです。飼い主さんは、2匹への思いをこのように話します。

飼い主さん:
「守るべきコたちが家にいるので、仕事も嫌なことも乗り切っていこうというモチベーションを保てています。野良猫の中には、過酷な状況で暮らしているコもいます。寒い中、外でごはんにもありつけるかわからない状況で彷徨っていたユンユン・ヤンヤン、その兄弟を思い浮かべるだけで胸が痛みます。 ユンユン・ヤンヤンに、安心してごはんが食べられて、睡眠できるあたたかい家を用意することができて、本当に良かったなと思います」

ユンユンくん・ヤンヤンくんとの生活は、まだまだ始まったばかり。これからも2匹の成長をあたたかく見守っていきたいですね。飼い主さんの家ですくすくと成長しているユンユンくん・ヤンヤンくんの姿は、ぜひInstagramでもチェックしてみてください。

写真提供・取材協力/@yunyun.yanyan2020さん
取材・文/雨宮カイ