中でも「静水の間」では、1月1日から12月31日まで表情が異なる366体が部屋を埋め尽くし、自分だけの誕生日猫を見つけて楽しめるほか、「頂上の間」では本展のために制作された100体のユニークな福猫と大作[超幸福猫][猫大仏]を展示。
来場者は1〜100番までのげんかつぎおみくじを引くと、出た番号によって自身の守り猫を知ることができます(別料金で守り猫カードを頒布)。

さらに「草丘の間」では、もりわじん氏を含む22名のアーティストによる「福猫展」と、床の間をギャラリー空間に見立てた「アート床の間展」も開催。福猫展では陶芸、彫刻、七宝焼、九谷焼、人形、切り絵、立体造形、絵画、染色、ぬいぐるみ、ジュエリーなど、さまざまなジャンルの猫アーティストが「福猫」をテーマに創作した作品が2,500点以上も展示され、気に入った作品はその場で購入することもできます。

一方、アート床の間展は8組の人気アーティストによるリレー形式の個展で、毎週新たなアートが出現するため、会期中に再訪しても違った作品を楽しめるように趣向が凝らされています。

展示会場内は写真撮影がOK。エントランスエリアでは人間サイズの「おおねむり猫」(もりわじん作)の写真パネルと一緒に記念撮影を楽しめるほか、キャトグラファー板東寛司による写真展「猫的大運動会」なども開催されます。

<千の福ねこアート展 at 百段階段>
期間:2020年10月23日(金)〜11月23日(月祝)
時間:10:00〜17:00(日〜木・祝)
  :10:00〜20:00(金/土/祝前日,11/1)
休み:会期中無休
入場:1,600円、大高生1,000円、小中生600円
会場:ホテル雅叙園東京 百段階段
住所:東京都目黒区下目黒1-8-1