滋賀県東近江市にある書道文化の普及を目的とした博物館・観峰館(かんぽうかん)で2020年9月19日より、開館25周年を記念した企画展「耄耋ってニャンだ!?−吉祥の願い−」が開催されます。

1995年に「書の文化にふれる博物館」として誕生した同館は、日本習字創立者の原田観峰(はらだ かんぽう)が生前収集した2万5千点におよぶ中国近現代書画や碑版法帖をはじめ、国内外の作家による書画や和本類など、書の文化を理解する上貴重な作品の数々を収蔵しています。

本館では原田観峰の肉筆作品や、復元した清朝皇帝の離宮内部、日本の書道教育の変遷を紹介などを常設展示しているほか、新館の特別展示室ではさまざまな企画展を実施。9月19日からは同館コレクションによる「耄耋(もうてつ)」の展覧会が開催されます。

耄耋とは、猫と蝶の組み合わせのこと。

中国において猫は耄(もう)、蝶は耋(てつ)と発音が同じであり、また、古代中国の礼について解説した古説集『礼記(らいき)』では、「七十を耄といい、八十を耋という」と書かれていることから、猫と蝶を描いた「耄耋」は長寿を願うおめでたいものとされています。

その組み合わせは猫×蝶に留まらず、牡丹(芙蓉)、菊、魚などの動植物に及び、親しみのある猫の絵画は時代を問わず多くの人びとに愛されてきました。

本展ではそんな愛くるしい猫たちを描いた約50点の近代中国絵画作品が展示されます。