布用転写シールの「irodo(イロド)」からシリーズ最新作となる第6弾のデザインが公開されました。

イロドは綿・麻・革・化学繊維など、様々な生地に貼ることができる転写シール。
生地への馴染みが良いことから元々プリントしてあるかのような自然な仕上がりになるのが特徴で、アイロンを使わずこするだけで手軽に貼ることができるため、未就学児から高齢者まで安全&手軽に生地製品のデコレーションを楽しむことができます。

これまでに発売された商品では、子供のお名前シールとしても使える新入学シーズン向けや、日本の伝統模様やデザインをテーマにしたおみやげ用など、ユニークなデザインのアイテムを展開中。

シリーズ第6弾となる今回は猫・犬・カメラ・数字・アイコンなど26種類の柄がラインナップ。
今や着用が日常化したマスクをはじめ、手帳やガジェットケースといった文具をデコレーションするのにもぴったりなデザインが勢揃いしています。

このシールを開発しているのは、東京都葛飾区に拠点を構える株式会社扶桑。

半世紀にわたる経験で培った特殊転写技術を活かし、転写シールの開発製造を専門に手掛けているメーカーで、2016年には葛飾区の町工場から生み出されたすぐれた技や製品に与えられる「葛飾町工場(まちこうば)物語」に認定。東京ビジネスデザインアワード2017で最優秀賞を受賞したことを契機に「irodo(イロド)」を開発し、現在は日本だけでなく台湾・韓国・タイ等への輸出を開始し、全世界へ向けて展開しています。

今回紹介したirodoシリーズの最新作は9月18日より全国の東急ハンズやロフト、手芸店などの店舗をはじめ、Amazonなどのオンラインストアでも発売される予定となっています。

品名:irodo(イロド)ファブリックステッカー
寸法:74×105mm(A7サイズ)
素材:ポリウレタン
価格:360円(税抜)
発売:2020年9月18日(金)