4月1日は新年度が始まる日であると同時に、ジョークを交えたネタが飛び交うエイプリルフールでもあります。

近年は猫をテーマにしたエイプリルフールネタを発信する企業が増えていましたが、昨年は新型コロナウイルスの第1波が広がり始めた時期で、例年のようなお祭りムードが鳴りを潜めるという異例の事態に。2021年の今年は昨年ほどの自粛ムードはなく、エイプリルフール向けの企画が続々と発表。その中からCat Pressでは、猫のエイプリルフールネタをピックアップして紹介します。

■第一石鹸
柔軟剤のFUNS Luxury(ファンスラグジュアリー)を発売している「第一石鹸」からは、新しい香りとして、猫がよろこぶ「またたびの香り」が登場。
高品質なまたたびエキスをたっぷりと配合されていて、洗濯して乾燥するだけでフワフワ極上の仕上がりになるほか、またたびエキスの香りに魅せられた猫たちが自然とスリスリしてしまうという、魔法のような柔軟剤。お気に入りのクッションカバーに使用して猫ちゃんのリラックス空間を創出したり、抱っこを拒否する猫ちゃんへの対策として飼い主さんの服に使用するなどの使い方が推奨されています。

■サブウェイ
サンドイッチ・チェーンの「サブウェイ」からは、2021年4月1日限定で『ほっこり猫サンド』を全国のサブウェイにて発売。
香ばしいパンに、上下からそっと機嫌のよい猫さんをはさんだ『ほっこり猫サンド』は、気だるい朝や、仕事・家事・勉強などの合間に一息入れるのにピッタリ。元気が出そうな5種類(レギュラー猫サンド、子猫サンド、ダブル猫サンド、モフ盛猫サンド、手で猫サンド)のサンドイッチがラインナップしています。

■ミドリ安全
安全靴やヘルメットなどの製造販売を手掛ける「ミドリ安全」からは、外猫用の安全靴を発売。
猫のぷにぷにした肉球には着地時の衝撃を和らげる役割がありますが、本品のかかと部分には肉球よりもさらに衝撃吸収能力に優れているという、豆腐のようなクッション性を持つソールを使用。猫の大事な爪を保護しつつ、ミドリ安全が得意な滑りにくい設計も施されており、危険な外仕事が多い猫ちゃんには嬉しいアイテムです。

■芝浦工業大学
技術者の育成を手がける芝浦工業大学は、東京都江東区に「豊洲キャンパス第ニャ校舎」が完成したと発表。
本校舎の建設は2027年に迎える創立100周年記念事業の中核事業で、将来にわたる大学強じん化の礎を築くことを目的として計画。猫が入り込みたくなるようなピロティ(柱だけの吹き抜け空間)を備えるなど、多くの猫・学生・研究者にとってイノベーティブな環境を整えており、同大学によると、竣工日には猫がすぐさま校舎から移動して、キャンパスの中庭で日なたぼっこする姿が確認されていると言います。

どれも心がほっこりするような猫ネタばかり。
他にも猫のエイプリルフールネタを知っているよ!という人や、掲載希望の企業さんはTwitterまたは問い合わせフォームにてご連絡くださいニャ。