猫がトイレに出入りするのを感知して清掃処理をしてくれる自動猫トイレ。

1週間に数回掃除をするだけでトイレ内を清潔に保てるため、飼い主さんの手間や負担を大幅に削減してくれる便利なアイテムですが、導入を検討する際に気になるのが、飼い猫が使ってくれるかどうかということ。猫は繊細な動物で性格によってはトイレや猫砂が気に入らないと使ってくれないことがある一方で、自動猫トイレの価格は5万円以上するものも多く、金銭面での負担が大きいことから猫用品の中では失敗したくない買い物の筆頭アイテムでもあります。

そんな中、ペット用品の輸入・開発などを手がけるOFTから「ネコスク」という自動猫トイレのサブスクプランが登場しました。

多くの自動猫トイレは本体を一括購入する必要がありますが、これは毎月の定額使用料を支払うだけで製品を利用することができ、気に入らなければいつでも解約することができるというお試し的なサービスプラン。一定の期間に達するまで使い続けると「支払い完了」となり自分の物になるので、いつでも解約できる分割購入プランと捉えることもできます(通常販売と同じく1年間の保証付き)。

使用できる自動猫トイレは、CATLINKシリーズのエントリーモデル「CATLINK SCOOPER YOUNG(キャットリンク スクーパー ヤング)」。初めて自動猫トイレを導入する人向けのベーシックな機種で、複雑な初期設定やWi-Fi環境、スマホアプリの使用などは一切不要。トイレ本体にあるパネル操作も直感的で簡単なため、機械が苦手な人でも到着したその日からすぐに使い始めることができます。

自動清掃の仕組みは、トイレの中で固まった猫砂とウンチだけを選り分けて、本体下部にあるコンテナに収納するタイプで、飼い主さんが数日に一度、コンテナ内に溜まった汚物の袋を捨てるだけでトイレ掃除が完了。ドーム内は猫が中に入った時に向きを変えやすいよう広々とした空間設計になっていて、ノルウェージャンフォレストキャットのような大型猫でもゆったりと用を足すことができるほか、コンテナ容量も13Lと自動猫トイレの中では最大級で、一台につき最大3匹まで使用することができます。

サブスクプランは2種類あり、毎月12,000円のプランは6ヶ月、毎月22,000円のプランは3ヶ月で支払いが完了。支払い期間中はいつでも解約可能で、返送する際の送料や手数料も不要なため、前者のプランであれば1ヶ月で解約すると、最小12,000円で自動猫トイレを試せるということになります。

トイレ本体を一括購入する場合の価格は59,730円で、いずれのサブスクプランも支払い完了後は定価を上回る計算になりますが、猫が使ってくれなかった時のコストを抑えられると考えれば、選択肢の一つとして検討してみるのもありかもしれませんね。

この「ネコスク」プランは2022年5月より、OFTのオンラインストア(oft-store.com)にて提供されています。