海の宅配便運送会社で働く猫、テールの冒険を描いたファンタジー小説『ドルフィン・エクスプレス』シリーズの新装版が刊行されました。

2002年から刊行されている同シリーズは、ひとり旅を愛する船のり、黒ねこサンゴロウの冒険を描いた『黒ねこサンゴロウ』シリーズ(文:竹下文子/絵:鈴木まもる/刊行:1994年〜1996年)の姉妹編として誕生。人気ロングセラーシリーズから続く海の冒険物語です。

主人公のテールは、幼少期を施設で過ごした、身寄りのない若者猫。海の宅配便〈ドルフィン・エクスプレス〉の配達員として、スピードボートに乗ってあちこちの島へ荷物を届けるのがお仕事。以前ヨット・レーサーとして活躍していたことから船の扱いに長けていて、優秀な配達員として活躍しています。

物語の舞台はテールが住む三日月島をはじめ、ヒスイ島、うみねこ島、さかずき島など、さまざまな島が点々とする土地で、いろんな種族の猫たちが登場。配達員たちが運ぶ荷物の中には特別な事情を持ったものもあり、テールは任される荷物をめぐって、毎巻、さまざまな事件に巻き込まれていきます。

そんな『ドルフィン・エクスプレス』シリーズは、今年誕生から20周年を迎える節目の年ですが、名称新たに『三日月島のテール』シリーズとなって登場。従来のハードカバーから手に取りやすいソフトカバーになっているほか、表紙には全5巻とも描きおろしのイラストが添えられています。

★第1巻『ドルフィン・エクスプレス』
ある日、テールは配達先のヒスイ島で、なぜか受け取りを拒否されてしまう。送り主は、かつて憧れだった伝説のヨットレーサー、うみねこ島の黒ねこ、サンゴロウだった。サンゴロウに荷物を返すためうみねこ島へ向かうテール。しかしその謎めいた荷物を運んでいる内に、テールは自分のからだの中に別の生き物がいるような奇妙な感覚をおぼえ始める。その荷物の中身とは?そして、その謎は解けるのか?

★第2巻『三日月ジョリー』
荷物を集荷するためにアサギ岬へと向かうテールは、途中でスリをして追われていた子猫の「ルキ」を助け、面倒を見ることになってしまう。聞けば行方不明の兄を探してサラの港に来たというルキ。盗んだ財布には奇妙なカードと古い写真が入っていて、それをきっかけにテールは危険なトラブルに巻き込まれてゆくことに……。