猫がのんびり日向ぼっこをしている姿を眺めていると、心が和んで微笑ましい気持ちにさせられます。

そのスタイルは香箱座りやへそ天など猫によって様々ですが、今週SNSのXを賑わせているのは、何とも美しいポーズで日向ぼっこをしている猫ちゃんの姿。ここは、とある事務所の中にある一室で、窓とカーテンの間にできた細長いスペース。そこには一匹の茶白猫が背筋をピンと伸ばしたままぴったり収まっています。

お腹にたっぷりと太陽光が当たりそうな体の向きと言い、さり気なく組まれた可愛らしい両手と言い、ニャンとも芸術点の高い日向ぼっこポーズをしている猫ちゃんですが、注目なのはその寝姿が窓ガラスに反射しているところ。まるで優しい陽だまりの中で2匹の猫が向かい合って日向ぼっこをしているような、幻想的で美しい光景が浮かび上がっています。

日常生活で生じてしまう中途半端なデッドスペースを、これほど上手に有効活用するのは人間にとっては至難の業。猫ならではの芸術性と実用性を兼ね備えた日向ぼっこの最高到達点だと言えるでしょう。

この写真は「日向ぼっこ検定1級の姿勢」という飼い主さんのコメントと共にSNSのX(旧Twitter)へ投稿されると、20,000件を超える”いいね”を獲得。写真を見たユーザーからは「お見事」「素晴らしいです」「とっても癒やされました」「5段は差し上げたい」など称賛のメッセージが寄せられて大きな反響を呼んでいます。

完成度の高いポーズで日向ぼっこをしていたのは茶白猫のコテチくん。飼い主さんの事務所と居住スペースを兼ねた戸建に住んでいて、平日は仕事で使われている他の部屋で日向ぼっこを、休日は飼い主さんの部屋で日向ぼっこをしたり膝の上で寝たりするのが大好きなのだとか。

この日は休日で、自分の部屋で映画観賞をしようとしていた飼い主さんは、太陽光がTVに反射しないようにカーテンを閉めきっていたと言います。一方、コテチくんが飼い主さんの部屋で日向ぼっこをする時は、ベッド側に広げたカーテンの上で寝る事が多いのだそうですが、この時はなぜか窓際に出来た狭いスペースに入り込んで日向ぼっこをすることに。その瞬間を捉えたのが冒頭の写真なのだそう。

よっぽど居心地が良かったのか、この後、しばらく日向ぼっこを続けていたコテチくん。5時間ほど経ってようやく起きたかと思いきや、今度は飼い主さんの膝の上に移動してまた寝はじめたと言います。