iphoneはappleでサインインを利用する

Webサービスやアプリの新規登録画面で、「Appleで続ける」というボタンを見たことはありませんか。最近増えているこのボタンのメリットや使い方について、iPhoneの達人・かじがや卓哉さんに聞きました。

本当のメールアドレスを知らせる必要がない

Appleで続ける」ボタンは、Apple2019年から提供している「Appleでサインイン」という機能を使うためのもの。その最大のメリットは、ユーザーのプライバシーを強力に保護してくれることです。

新たにユーザー登録をするとき、生年月日や居住地など、多くの情報を聞かれることがありますよね。でも「Appleでサインイン」を使って登録すると、Webサイトやアプリ側にわたる情報は名前とメールアドレスの2つだけ

しかも本当のメールアドレスを知られたくない場合は、ランダムなメールアドレスが生成され登録することもできるんです。そのアドレスに届いたメールは、Apple本当のアドレスに転送してくれるので、お知らせメールもちゃんと受け取れます。

こんな機能を用意するのは、Appleがユーザーのプライバシー保護に熱心だから。ユーザーがプライバシーを極力明かすことなく、Webサービスやアプリを利用できるよう考え出された仕組みです。

Appleでサインイン」を使ってアカウントを作成した場合、次からはiPhoneのロック解除と同じ方法、つまりFace IDTouch ID、パスコードの入力でそのサイトやアプリにログインできるようになります。

この機能に対応しているWebサービスやアプリの新規登録、あるいはログイン画面で「Appleで続ける」または「Sign in with Apple」といったボタンが表示されます。そのボタンをタップすると、サインイン画面が表示され、ここでApple IDに登録しているメールアドレスを使うか、ランダムなアドレスを使うかを選択します。信頼でき、長く使いそうなサービスなら前者を、そうでない場合は後者を選ぶと良いでしょう。

写真を表示にする手順

Apple IDでサインイン画面

なお、この機能を使うにはApple ID2ファクタ認証を有効にしておく必要があります。「設定」アプリで上部の名前部分をタップし、「パスワードとセキュリティ」を選択。「2ファクタ認証」をオンにすればOKです。

iPhoneの設定画面

iPhoneの設定画面

iPhoneの設定画面

※本記事は、「iOS 14にアップデートしたiPhone 6s以降の機種」を対象としています。

PROFILE かじがや卓哉

1982年生まれ。吉本興業所属のiPhone芸人。日本最初に上陸したiPhone 3Gから使いこなし、iPhone 6購入のためにApple 銀座に10日間並んだ過去を持つ。YouTubeチャンネル「かじがや電器店」は登録者数40万人以上。
Twitter: @kajigayatakuya
Instagram: @kajigaya

監修/かじがや卓哉 取材・構成/出雲井亨 撮影/坂脇卓也