甘辛い肉味噌がクセになる“ジャージャー麺”。毎年夏になると食べたくなりますよね。YouTubeでもさまざまな人が、独自のジャージャー麺レシピを紹介しているよう。その中でも今回は、イチ押しの2つのレシピをピックアップしました。

フライパン1つで簡単餡作り

1つ目は、タレント・渡辺美奈代さんが紹介するジャージャー麺(2人分)。ほんのりはちみつが香る、夏にぴったりな一品です。

まずは餡作りから。フライパンにごま油適量を熱し、すりおろしにんにく・すりおろししょうが各適量、豚ひき肉200gも加え炒めていきます。この間に麺をゆでるお湯を沸かしておきましょう。

具材をある程度炒めたら、甜麺醤(なければ赤味噌)大さじ3、タネを除いて輪切りか、手でちぎった鷹の爪適量、鶏ガラスープの素小さじ1、オイスターソース・酒・豆板醤各大さじ1、はちみつ適量、砂糖適量をすべて投入。味見をしながら、お好みの味付けに調節していきましょう。これで餡は完成です。作り置きして冷蔵庫にストックしておけば、後は中華麺を茹でるだけなのでラクちんですよ。

美奈代さんおすすめの中華麺とは?

次は麺を茹でていきます。今回紹介されたのは“マルボシ製麺”の中華麺(ストレート)。熱いスープで「ラーメン」、冷やして「冷し中華」「サラダ中華」などお好みによってアレンジ可能。美奈代さんも普段から使っているお気に入りの商品です。

沸騰した鍋に中華麺2人前を入れ、3〜4分茹でましょう。茹で終わったらざるに開け、水で締めます。お皿に麺を盛ったら作っておいた餡をかけ、せん切りにしたきゅうり1本、白髪ねぎ1/2本(水に漬けたもの)、卵黄1個を適量トッピング。お好みでごまを振るのもおすすめですよ。

試食した美奈代さんの夫・矢島昌樹さんは、「間違いない! めちゃくちゃ美味しいです」とその味を大絶賛。はちみつの甘みと豆板醤の辛みがマッチした、絶品ジャージャー麺が完成しました。

“ガチ”で作った本当に美味しいジャージャー麺

2つ目に紹介するのは、料理研究家・リュウジさんの「至高のジャージャー麺」。リュウジさん本人が、世界一美味しいと感じたジャージャー麺を再現したレシピです。

まずは使用する具材の準備から。たけのこ40g、しいたけ30g(軸の部分も)を粗みじん切りにし、長ねぎ30gもみじん切りに。にんにく1片は、底の部分を切り落として皮をむいておいてください。きゅうり1/2本はせん切りにカット。これで材料の準備は完了です。

次は餡作り。フライパンにサラダ油大さじ1/2を入れて熱し、豚ひき肉100gを炒めましょう。このとき、塩ひとつまみ、こしょう適量で下味をつけておきます。

軽く焦げ目がついたら、先ほど準備した具材を入れて中火で軽く炒めます。甜麺醤大さじ2弱を入れてさらに炒め、香ばしさが出てきたところで弱火に。水80cc、酒大さじ1、創味シャンタン小さじ1/2、しょうゆ小さじ1、砂糖小さじ1を入れかき混ぜ、沸騰してきたらにんにくをすりおろして加えます。

にんにくの香りが残る程度煮たら、水溶き片栗粉(片栗粉大さじ1と1/2を倍量の水で溶いたもの)をイン。とろみをつけて、ブラックペッパー少々、ラー油小さじ2を加えれば餡の完成です。

最後に市販の中華麺130gを表示通りに茹で、サラダ油小さじ1をからめます。後はお皿に麺と餡、そしてきゅうりを盛りつければできあがり。試食したリュウジさんは、「餡の歯ごたえが非常にいいですね」と大満足の様子でした。

夏バテ気味で食が進まないという方は、試してみる価値アリ。甘辛いジャージャー麺の味に箸も止まらなくなりそうです!

文/内田裕子
参照/渡辺美奈代のMinayoチャンネル「【中華そば】美味しい!ジャージャー麺を作ってみました!【渡辺美奈代】」https://www.youtube.com/watch?v=TSyHK5muSOs
参照/料理研究家リュウジのバズレシピ「正直、中華街レベルの旨さです 料理研究家が辿り着いた【至高のジャージャー麺】」https://www.youtube.com/watch?v=GgCs5YKhKvQ